大野事件

2008年8月21日 (木)

遺族からのコメント

2008年8月21日 晴れ
身の周りは騒々しくなっています。

さて、福島県立大野病院事件の1審無罪が出た直後ですが....この判決を受けて、お亡くなりになった褥婦さんのお父様がコメントを発せられています。御紹介させていただく前に、あらためてお亡くなりになられた褥婦さんと御遺族に深甚なる哀悼の意を表したいと思います。

コメントの全文を引用致します。

【遺族のコメント】(「記者会見用資料」より)

 2007年1月26日の初公判から、「真実の言葉を聞きたい」との一心で、裁判の傍聴を続けてきました。警察・検察が捜査して、裁判になったおかげで、初めて知ったことがたくさんありました。
 私の娘は手術を受けるまで1カ月入院していました。助産師さんが「大野病院より大きな病院に転送した方がいいのではないか」と助言したり、先輩医師が娘とおなじ帝王切開既往・前置胎盤の妊婦を帝王切開して、「大量出血を起こし、処置に困難を来たした」と教えるなど、娘が入院している間、加藤医師には様々なアドバイスがありました。みんな慎重だったのに、なぜ加藤医師だけ慎重さがなかったのか、とても疑問に思いました。  しかし、裁判は手術中の数分間、数時間のことを主要な争点として、進んでしまいました。弁護側の鑑定人として証言をした医師の方々も、加藤医師の医療行為を正当化する意見を述べました。その点をとても残念に思っています。
 加藤医師の逮捕後、私たち被害者が「警察に相談した」とか、「政治家に相談した」という噂が医療界に広がっていると聞いて、とても驚きました。病院から娘を引き取り、姿が残っている間、警察に相談するべきか幾度も自問自答しました。しかし、いろいろと考えて、私たちからは警察に相談しませんでした。娘のために動いてくださり、捜査に尽力された警察・検察の方々には深く感謝しています。この場を借りまして、御礼申し上げます。  一方、医療界からは警察・検察の介入に対する抗議の声があがっています。しかし、娘の事故について、他の機関で警察・検察と同等の調査ができたのでしょうか。助産師さんや先輩医師がアドバイスをしていたことについても、県の事故調査委員会は把握していたのでしょうか。現在も疑問をもっています。
 医療界からは「1万分の1という極めて稀なケース」とか、「現在の医療では救命に限界があった」という声もあがっています。しかし、娘と同様の帝王切開既往・前置胎盤のケースにともなう癒着胎盤の危険性については、厚生労働省の研究班をはじめ、以前からいくつもの報告があります。また、ネットには「医師から2人目は産めないと言われていた」といった事実無根の書き込みがありました。こうした娘の死を蔑ろにする意見や表現は、亡くなってしまったとはいえ、娘に対する人権無視の誹謗中傷と受け止めています。
 この事件を「医療崩壊」や「産科医療」と結びつける議論がありますが、間違っているのではないでしょうか。そういうことを言う前に、事故の原因を追究して、反省すべき点は反省し、再発防止に生かすべきでしょう。医療界に、そのような前向きな姿勢が見えないのがとても残念です。「判決によっては、産科医療から手を引く」といった声も聞こえますが、自分の身内や大切な人が患者だったら、そんなことが言えるでしょうか。
 医療崩壊と結び付ける議論を耳にするたび、「娘は何か悪いことをしただろうか」と怒りを覚えます。娘が亡くなる時点まで、医療には絶対的な信頼を持っている一人でしたが、死亡後は日を重ねるごとに医療に対して不信感を深めています。
 患者も医師も不幸にさせないためには、リスクの高い患者はしかるべき施設に送るなど、しっかりとルールをつくり、守ることが大切です。再発防止を願う一人として、県病院局長宛に要望書を提出するつもりです。

2008年8月20日
福島県立大野病院で最愛の娘を亡くした父

御遺族の方々が、真実を知りたいと望むのはよく理解できるところです。しかし、現在の日本では真実を知りたい、苦しみから解放してほしいと思う御遺族が頼る手段は法廷しかありません。法廷は、合法的な喧嘩の行われる場所であり、原告と被告、あるいは検察と被告双方は都合の悪いコトは隠蔽することになりますし、それが、許される場所でもあるのです。

真実を求めて、法廷に頼らざるを得ない現状は遺族にとっても非常に辛いことではないでしょうか?本当は真実を求めて起訴に至ったのでしょうし....それが、医療崩壊と結び付ける議論となってしまうのですから、「娘は何か悪いことをしただろうか」と感じられるのも共感できるところではあります。

御遺族の医療に対する不信感は法廷での争いを経験してドンドン増大したのではないでしょうか?

そうです。医療紛争を解決する手段として法廷は余りに稚拙すぎます。医師を処罰しても満足は得られないでしょう...。ましてや、処罰してほしいとの思いで臨んだ刑事裁判で相手が無罪になればなおさらのことでしょう...。

これからは、医療過誤を含む医療事故の解決のために法廷ではない別の手段を考えるべきです。そして、その中には、御遺族、あるいは被害にあわれた患者さんに対するサポートが必要です。福島県立大野病院事件においてもそうです。決して、その患者さんを悪くしようと思って治療を行うことはないはずです、そのような思いから医療を行っているのに、このような結果になり御遺族や患者さんとの間に大きな溝ができる....。悲しいことです....。

法廷では解決できないし真実も明らかにならない。

事故が起こったときの患者さんへのサポートが法廷よりももっともっと必要であると感じます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

無罪判決

2008年8月20日 晴れのち曇り

福島県立大野病院事件の判決は無罪でした。判決の要旨は以下の記事に示されています。

福島県立大野病院事件の福島地裁判決理由要旨1
福島県立大野病院事件の福島地裁判決理由要旨2

魚拓1
魚拓2

その中で、『医師に医療措置上の行為義務を負わせ、その義務に反した者には刑罰を科する基準となり得る医学的準則は、臨床に携わる医師がその場面に直面した場合、ほとんどの者がその基準に従った医療措置を講じているといえる程度の一般性、通有性がなければならない。なぜなら、このように理解しなければ、医療措置と一部の医学書に記載されている内容に齟齬(そご)があるような場合に、医師は容易、迅速に治療法の選択ができなくなり、医療現場に混乱をもたらすことになり、刑罰が科される基準が不明確となるからだ。』という部分は...まさにその通り!教科書に書いてあることと実際の現場ではすることに大きな乖離があることはしばしばであり...本に書いてあることをもとにして判決を下された場合は、現場に悪影響を及ぼしかねないということです。これは、裏を返すと...現在の法廷では医療を裁くことに対して限界があるということになるのか?とも受け取れます。

何にしろ、一審無罪は大きな収穫です。しかし、検察は控訴してくるでしょう....。無為な争いはエネルギーを奪います。

続きを読む "無罪判決"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

明日は...

2008年8月19日 晴れのち雷雨

明日は...福島県立大野病院事件の判決が出る日です。皆様、注視しましょう。

日本の司法が『正当な医療行為を正当なものとして認めるのか』、それとも、『結果により医師は罰せられる職種とするのか』見極める必要があります。

どうか、日本の司法は「腐っていない」ことを望みます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

2月18日_不当逮捕の日

2008年2月18日 晴れ
風はなかったのですが、とても寒い一日でした。

さて、2年前の2月18日に福島県立大野病院の産婦人科医は福島県警に不当逮捕されました。1年前の同じ日に抗議の意味をこめて、拙ブログでも以下の記述を行いました。

『我々は福島事件で逮捕された産婦人科医の無実を信じ支援します。』

昨年の2月18日、福島県立大野病院産婦人科医の先生が福島県警に逮捕拘留されました。逮捕のきっかけとなった事故は当時29歳の妊婦さんが全前置胎盤のため帝王切開にて分娩したところ、不幸にも前回の帝切の切開線にかからない後壁付着の癒着胎盤となっており、当該医師はその時点で考え得る最善を尽くされましたが、妊婦さんは術中突然おこった致死性不整脈により亡くなられたというものです。
福島県立大野病院はこの事故のあと、外部の人間も含めて事故報告書を作成しており、当該医師についても行政処分をおこなっております。しかし、逃亡の恐れ、証拠隠滅の恐れという考えもつかないような理由により、その産婦人科医の先生は福島県警に逮捕拘留され、業務上過失致死、医師法違反にて刑事起訴されています。その、第1回公判が先程開かれておりますが....拙ブログでも、この事故については予見が不可能であること、胎盤を剥離することは適切な処置であること、大出血に際しても考え得る適切な処置を行っていることなどから、過失は存在しないと考えております。また、異状死体の届出義務を記した医師法第21条に抵触するとの起訴理由については、そもそも異状死体の定義について現在定まったものがないこと、また、事故後当該医師は大野病院院長と協議しており、届け出義務は当該医師にはなく、院長にあったものと考えます。

そして、1年後の本日。この不当な逮捕を風化させないためにも、取り上げたいと思います。

1年前の本日、福島県警は福島県立大野病院産婦人科医師を不当に逮捕、拘留しました。これは、極めて強権的で許すべき行為ではありません!

現在、この刑事事件の公判は進行中で、被告の先生に対して有利に進められていますが、この先生の被った痛手は消え去るものではないと思います。また、日本の医療界に与えた影響は計り知れないものがあり、この逮捕により地域の病院でどれだけの医師が萎縮したか...。考えると空恐ろしいものがあります。

正当な医療行為の中で生じた残念な医療事故。これに対しては、刑事的な処罰をもってのぞむべきではありません!ましてや、警察に捕えられ反論の自由を奪われるということが、どれだけ不当なことか!

再び掲げます。『我々は福島事件で逮捕された産婦人科医の無実を信じ支援します。』ご賛同くださる方々の書き込みを歓迎します。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年2月18日 (日)

2月18日という日

2007年2月18日 曇り

追記します(2007年2月18日):新小児科医のつぶやき:2.18にて企画されているキャンペーンに私も賛同いたします。尚、この件につき、ご賛同の意をお持ちの方はどうぞコメントに書き込んで下さい。一般の方々大歓迎です。

『我々は福島事件で逮捕された産婦人科医の無実を信じ支援します。』

昨年の2月18日、福島県立大野病院産婦人科医の先生が福島県警に逮捕拘留されました。逮捕のきっかけとなった事故は当時29歳の妊婦さんが全前置胎盤のため帝王切開にて分娩したところ、不幸にも前回の帝切の切開線にかからない後壁付着の癒着胎盤となっており、当該医師はその時点で考え得る最善を尽くされましたが、妊婦さんは術中突然おこった致死性不整脈により亡くなられたというものです。
福島県立大野病院はこの事故のあと、外部の人間も含めて事故報告書を作成しており、当該医師についても行政処分をおこなっております。しかし、逃亡の恐れ、証拠隠滅の恐れという考えもつかないような理由により、その産婦人科医の先生は福島県警に逮捕拘留され、業務上過失致死、医師法違反にて刑事起訴されています。その、第1回公判が先程開かれておりますが....拙ブログでも、この事故については予見が不可能であること、胎盤を剥離することは適切な処置であること、大出血に際しても考え得る適切な処置を行っていることなどから、過失は存在しないと考えております。また、異状死体の届出義務を記した医師法第21条に抵触するとの起訴理由については、そもそも異状死体の定義について現在定まったものがないこと、また、事故後当該医師は大野病院院長と協議しており、届け出義務は当該医師にはなく、院長にあったものと考えます。

そして、1年後の本日。この不当な逮捕を風化させないためにも、取り上げたいと思います。

1年前の本日、福島県警は福島県立大野病院産婦人科医師を不当に逮捕、拘留しました。これは、極めて強権的で許すべき行為ではありません!

拙ブログでこの事件を扱ったエントリーは以下の通りです。

弁護側冒頭陳述
検察側冒頭陳述
ブログ御紹介
お詫び(誤解)
死因は?
公判の続報
公判が始まりました。
福島県立大野病院事件の続報
大野事件の続き...
大野事件の続き
はじまりました。
産科婦人科学会の見解
医療と司法という記事
産科の状況
警察という組織
医療の限界

| | コメント (8) | トラックバック (5)

2007年1月30日 (火)

お詫び...(誤解)

2007年1月30日 晴れ
今日はお詫びです。福島県立大野病院産婦人科医不当逮捕事件で逮捕時の状況を誤解していました。

拙ブログでの理解は...
「診療中にマスコミの前で逮捕」というものでしたが、実際には「数日前より家宅捜索の連絡があり自宅待機していた、警察署に任意で同行を求められ、署内で逮捕状を執行した。」というもののようです。ただし、テレビでは同行する状況が流されており、その部分では誤解がなかったのかもしれません。

誤った情報を流してしまい、謹んでお詫び申し上げます。そして、拙ブログでの認識を上記の状況に変更させていただきます。尚、このエントリーはしばらく(数日の間)トップに掲載させていただきます。

日経メディカルオンラインから...
『--逮捕されたときの状況とそのときの気持ちを聞きたい。
加藤医師 インターネットなどでいろいろな情報を見ていると、診療中に逮捕されたとの記載もあったが、そうではない。逮捕されたのは土曜日で、その3~4日前に警察から病院に連絡があり、家宅捜索に入るため、朝から待機するように言われた。土曜日は外来が休みだが、急患などに備えて近隣の病院の先生に応援に来てもらうよう手配もした(編集部注:当時、福島県立大野病院の産婦人科医は、加藤医師一人)。午前中に2時間くらい家宅捜索があり、「警察署で話を聞く」と言われた。その前にも3回くらい警察署で話をしており、それと同じかなという感覚だった。(所属している)大学にも電話し、「警察に連れて来られた。逮捕されたら、どうしようか」などと冗談で言っていった。ところが警察の取調室に入ったら、突然逮捕状が読み上げられた。「これは、こうだからこうしたんですよ」などと説明もしたが、もちろん聞き入れてもらえなかった。』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

大野事件の続き...

2006年9月16日 雨
非常に強い台風が近づいてきています。現在のところ中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50m/sと勢力は保持したまま、九州に接近中。予想では「直撃」コースです。以前の台風で私の勤めている病院は病室のガラスが割れ、患者さんがケガをされたことがありました。今回はそういったことがなければ良いが...と案じています。

さて、大野事件の続報が...ソースは「毎日新聞」。

大野病院医療事故:裁判所が争点初提示 初公判12月に−−公判前整理手続き /福島(毎日新聞)

『◇第3回公判前整理手続き
 県立大野病院で帝王切開手術中に女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医、K被告(39)の第3回公判前整理手続きが15日、福島地裁であった。今回は裁判所から初めて争点についての考えが示された。手続き終了は11月となり、初公判は12月にずれ込む見通しだ。
 手続きでは、裁判所から「胎盤の癒着がわかった段階で、大量出血を予見して剥離(はくり)を中止し、子宮を摘出すべきだったか」が主たる争点との考えが初めて示された。これについて弁護側は手続き後の記者会見で、「止血をするために胎盤をはがすことは臨床では当然のことで、出血を放置して子宮を摘出することは危険だ」と主張した。これに対し検察側は、「大量出血をする前に子宮を摘出すべきだと主張しており、(止血することが重要だとする弁護側の主張は)前提となる事実が異なっているように思われる」と話した。
 次回は10月11日に行われ、弁護側が主張を記載した「予定主張等記載書面」を改めて提出する。11月10日に検察側が意見を述べて手続きを終了する見込みだ。』

記事は一部、加工しております。
「胎盤の癒着がわかった段階で、大量出血を予見して剥離(はくり)を中止し、子宮を摘出すべきだったか」とのことですが、癒着胎盤がはっきりしたのはどの時点であったのか?これは論点にならないのでしょうか?
私は、小児科医で専門外なのですが、子宮から胎盤が「はがれにくい」ことは本当に稀なことで、そのほとんどが癒着胎盤なのでしょうか?

若い、妊娠可能性のある女性の子宮を摘出するということは非常に高度な判断ではないのか?と思ってしまいます。検察側の「大量出血をする前に子宮を摘出すべきだ」という主張は、スジの通ったものですが...実際の臨床の現場ではどうでしょうか?自分であればいわば「身を切られるような」判断となると感じます。

続きを読む "大野事件の続き..."

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006年7月23日 (日)

大野事件の続き

2006年7月23日 雨
雨が降り続いています。九州南部で河川の氾濫などがおこり、多数の死傷者が出ている様です。早く、この災害が終息することを祈るのみです...。

さて、福島県立大野病院産婦人科医不当逮捕事件の公判前整理手続きが始まり、検察と弁護側は真っ向からぶつかっている様です。

大野病院医療事故:全面対決の構図に−−公判前整理手続き /福島(毎日新聞)

『 県立大野病院の医療事故で起訴された産婦人科医の加藤克彦被告(38)の公判前整理手続きが21日始まり、弁護側が全面否認の方針を示したことで、法廷では被告弁護側と検察側が真っ向から対立する構図となった。
 午前10時から始まった手続きには裁判官3人、検察官3人、弁護士8人と加藤被告が集まり、1時間50分間行われた。
 手続き後に会見した加藤医師の弁護団は総勢11人。加藤医師が手術用はさみで胎盤をはがしたことについて弁護団は会見で「そうした措置は珍しくない」と述べた。また、大量出血も「胎盤をはがしたあとの出血量は異常に多いわけではなかった」とし、大量出血の原因については「まだ分からない」と述べた。
 弁護側は検察側に起訴状などに関する求釈明に応じるように求めており、この日も再度要請した。福島地検は「釈明の必要があるものは釈明した。まだ手続きの途中で、この時点で弁護側が『検察側が十分に応じていない』と発表することは早計であり、誠に遺憾」との見解を示した。』

以前の記事でも申し上げましたが無罪となり「不当な逮捕拘留をおこなわれた」ケースであると社会一般に広く認識していただきたいと望んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

はじまりました。

2006年7月21日 雨
福島県立大野病院産婦人科医不当逮捕事件に関連して動きです。

<帝王切開死亡事故>第1回公判前整理手続き行う 福島地裁(毎日新聞)

『福島県立大野病院で帝王切開手術中に女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医、加藤克彦被告(38)の第1回公判前整理手続きが21日、福島地裁で行われた。弁護側は、無罪を主張する方針を示した。初公判は10月ごろの見込みという。』

いよいよ始まりました。「無罪となって欲しい」と願います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月17日 (水)

産科婦人科学会の見解

2006年5月17日 雨 風が強い
福島県立大野病院の産婦人科医不当逮捕事件で、産科婦人科学会が本日あらためて見解を発表しました。

その中で、「本件の転帰に関してはたいへん心を痛め、真摯に受け止めておりますが、外科的治療が施行された後に、結果の重大性のみに基づいて刑事責任が問われることになるのであれば、今後、外科系医療の場において必要な外科的治療を回避する動きを招来しかねないことを強く危惧するものであります。」と、強い調子で『結果責任』の追求をすることにより生ずる不利益を訴えています。

今後は、このような(私見ではありますが)過失のない医療事故については、司法の手で裁くのではなく、臨床経験の豊富な医師と法曹界の人間、また一般の方々の意見を交えた形での専門機関にまずは委ねるという事が必要であろうと思います。また、無過失で結果が重大な場合には、それを補償する制度も必要であろうとも考えています。現在の日本においては、このような医療事故の場合は、医療サイドに過失がない場合は民事的にも補償されません。それを救済する制度は必要なように思います。

続きを読む "産科婦人科学会の見解"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧