« やはり | トップページ

2009年11月26日 (木)

新型ワクチンを考える

2009年11月26日 晴れ
久しぶりの晴れです。

新型インフルエンザの大流行で外来は、ほとんどパニック状態。この状態に、更に拍車をかけているのが、新型インフルエンザワクチンの接種です。貴重なワクチンは無駄にせず、なるべく多くの患者さんに接種していきます。多忙な外来の合間をぬって、集団接種を行います。『この状態がいつまで続くのか?』スタッフにも疲労の色がにじみます。

ワクチンは病原体を弱毒化あるいは無毒化して体の中に入れる手技のことです。弱毒化するものは生ワクチン、無毒化するものは不活化ワクチンと称されます。生ワクチンは最悪の場合、その病気が発症する可能性があります。不活化ワクチンの場合は理論的に、その病気が発症することはありません。しかし、その他のいろいろなワクチン関連の副反応がみられます。この世界に副作用のない薬がないのと同様に、ワクチンも限りなく小さな可能性ですが、副反応が起こることがあります。でも、感染症の脅威に対する場合、得られる利益が副反応に比較して著しく大きい場合は、ワクチンのメリットがあると言えるでしょう。

さて、新型ワクチンに関する報道で気になるのは重大な副反応としてあげられている数の多さです。これまで、約600万人に接種が行われ、接種後死亡したかたが26人とのことです。そのすべての方々が、50〜90歳の基礎疾患を抱える人たちだったとのこと...。詳細に検討する必要がありますが、本当にワクチン副反応なのか?基礎疾患の増悪による死亡なのか?キチンと答えを出さないといけないでしょう。

今回の新型インフルエンザは、高齢者に感染すること自体がとても少ないといわれ、現在90歳以上の方々には抗体が認められるとのことです。そういえば、例年の季節性インフルエンザで問題となる、高齢者が多く入っている施設での流行事件の報道も皆無です。(現時点では...)

それに対して、感染者の80%が20歳以下であるとされる状況をどう考えるべきか?

今回の新型インフルエンザワクチンは高齢者でしかも基礎疾患を抱える人々よりも、若年、そして子供に対して広く接種すべきだったのではないかと...。


話は少し変わりますが、今回の新型インフルエンザワクチンは、非常に厳しい監視の中で接種が行われています。基礎疾患のある方に接種した場合、その基礎疾患などの情報を都道府県に報告までさせているのです。通常の予防接種ではこのような体制をしいていません。このような状況で行われているので、副反応の報告も逐一、都道府県を通して国に上申されることになります。季節性インフルエンザワクチン接種後の高齢者死亡もいままでは、ワクチンとの関連を考えずに処理していたかもしれません。(明らかに基礎疾患との関連がある場合です)それが、すべて副反応として上申されているとすれば...通常のワクチンに比較してバイアスがかかったデータを作るかもしれません....。

その部分も考えにいれて、報道を聞いておく必要があります。

参考にした報道記事です。

『新型ワクチン、93人に重い副作用…死亡26人
2009年11月26日(木)20時7分配信 読売新聞

 厚生労働省は26日、新型インフルエンザワクチンの接種を始めた10月19日から今月24日までに、推定接種者約594万人のうち93人(0・002%)に重い副作用が報告された、と発表した。

 このうち死亡者は26人(0・0004%)に上るが、50~90歳代でいずれも基礎疾患(持病)がある人で、因果関係について専門家が調べている。

 11月9~24日の2週間では、急性脳症や、手足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群が報告された。厚労省によると、これらは季節性インフルエンザワクチンでもまれに報告されるという。』

|

« やはり | トップページ

コメント

こんにちは。お忙しいところ申し訳ありません。
新型ワクチンの接種を子供(1歳)にさせたいと考えていますが、
まったくどこも予約が取れません。(季節性は打てました)
この分では12月中に打てるのかすら疑問になってきました。
もし12月下旬に1回打てたとして、2回目が1月になるとします。
とすると抗体が出来るのに1ヶ月かかると聞いたので、
効果が2月くらいに出るということですよね?
その頃にはインフルエンザもピークを過ぎているように思うのですが、
それでもワクチン接種はしておいた方が良いのでしょうか?
ワクチンはない、新型は怖い、さりとて時期を逃してしまえば
ワクチン接種の意味がないようで、とても悩んでおります。

投稿: ゆうか | 2009年12月 8日 (火) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/46868330

この記事へのトラックバック一覧です: 新型ワクチンを考える:

« やはり | トップページ