« 新型インフルエンザと重症肺炎 | トップページ | 新型インフルエンザ...徒然 »

2009年10月 5日 (月)

パラダイムシフト

2009年10月5日 曇りのち雨

これまでの晴天がうそのように...曇天です。



いままで、日本の経済は製造業や土建などで支えられてきたといって過言でないでしょう。地域の議会をみるとたいていは地元の土建業者由縁の議員さんがいます。公共事業をとることにより、生活の糧としてきたのです。しかし、その一方で、生活に密着した医療や介護に関しては、やや切り詰められてきたという現実はあります。介護職の方々の苦労は大変なもので、介護職を続けて行くことが出来ず、他の業種に仕事を替えなければならない人たちの例も数多くみてきました。
日本の産業構造は大きくパラダイムシフトするべきであろうと考えています。医療や介護などの社会保障にもう少し、お金と人材を注ぐべきであろうと感じます。社会保障費を年2200億円づつ減らそうなんて....とんでもない。必要なところにお金を使うべきですし、現政権であればひょっとするとそれが出来るかもしれません。



政府、緊急雇用対策に本格着手
10月5日(月) 12時13分配信

 政府は5日、厳しい雇用情勢を踏まえ、緊急雇用対策に本格的に着手する方針を固めた。菅副総理兼国家戦略担当相と長妻厚労相が午後に会談し、緊急雇用対策本部の設置も視野に具体的な対応を協議する。介護従事者の処遇を改善して雇用創出につなげる案などが検討される見通しだ。平野官房長官は会見で、雇用情勢が「大変厳しい環境にあることは間違いない」と強調。対策本部の設置を前向きに検討する考えを表明した。

共同通信

|

« 新型インフルエンザと重症肺炎 | トップページ | 新型インフルエンザ...徒然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/46401173

この記事へのトラックバック一覧です: パラダイムシフト:

« 新型インフルエンザと重症肺炎 | トップページ | 新型インフルエンザ...徒然 »