« 報道に罪はないのか? | トップページ | 急展開... »

2009年8月 2日 (日)

下降噴流

2009年8月2日 晴れときどき雨
時折に、ちらっと雨がふるような天候でした。

下降噴流:ダウンバースト, Downburstは航空機にとって非常に怖い気象現象です。今回、宇治市にておこった突風による被害は、この下降噴流によるものと考えられています。

『ダウンバースト(Downburst)とは気象現象の一つで、局地的・短時間に上空から吹く極端に強い下降気流である。下降噴流(かこうふんりゅう)ともいう。』(Wikipediaより抜粋)

『積雲や積乱雲は、通常強い上昇気流によって形成されるということが知られているが、減衰期に入ると降水粒子が周囲の空気に摩擦効果を働きかけることで下降気流が発生する。この下降気流のうち、地上に災害を起こすほど極端に強いものをダウンバーストという。ダウンバーストは様々な(往々にして深刻な)被害を及ぼすことが多く、特に航空機にとっては深刻で最も注目すべき気象現象である。なお、下降気流の風速は、90m/s以上と壮絶なものに達することがある。
ダウンバーストは地上付近に吹き降ろした後、地面にぶつかって水平方向に広がる。この広がりが約4km未満の比較的小型なダウンバーストはマイクロバースト、広がりが4km以上の大型のダウンバーストをマクロバーストと呼んでいる。普通、マクロバーストよりもマイクロバーストのほうが風速が速く、強い。』

積雲が減衰する際に生じる下降気流が激しくなったものをダウンバーストと呼ぶようです。直径が4km以内のものをマイクロダウンバーストと呼び、大きいものと比較してその風速は大きいとされるようですね。特に、アメリカでの航空機事故に、この気象現象が関与していることが多く、現在は空港に気象用のレーダーを設置する等、対策がとられているようです。

ただ、竜巻と同様に気象現象ですから、地上への被害は食い止めることができません。自然の脅威といえるでしょう。

宇治突風はダウンバースト=萬福寺の重文建造物被害−京都気象台

<以下、引用>
『宇治突風はダウンバースト=萬福寺の重文建造物被害−京都気象台
 京都府宇治市で1日に起きた突風は、積乱雲や積雲から生じた下降気流「ダウンバースト」の可能性が高いと、京都地方気象台が2日、発表した。
 同気象台が現地調査した結果、突風が吹いたとみられる地点から円状に被害が広がっていたことが判明。発生時刻の午前11時ごろ、宇治市と京都市の境を積乱雲が通過中だったことも分かった。
 この突風で、宇治市の黄檗宗大本山萬福寺では、重要文化財に指定されている本堂など八つの建造物で、屋根瓦計130枚以上が吹き飛んだり、ずれ落ちたりするなどの被害があった。
 また、同市のゴルフ場で、コンクリート製の支柱29本が折れ、コース側に倒れるなどしたが、人的被害はなかった。(2009/08/02-21:07)』
<引用終わり>

人的被害のなかったのが不幸中の幸いであると考えます。

このような気象災害が最近増えているように感じられるのは、私だけでしょうか?温暖化との関連は??などとうがってしまいます。

|

« 報道に罪はないのか? | トップページ | 急展開... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45818718

この記事へのトラックバック一覧です: 下降噴流:

« 報道に罪はないのか? | トップページ | 急展開... »