« 朝からやられた.... | トップページ | 専門的なグループ...医閙 »

2009年7月 6日 (月)

1+1は2にならない

2009年7月6日 晴れ
暑い!

東京都立清瀬小児病院と八王子小児病院は統合されるようです。清瀬小児病院はいわずとしれた、小児腎臓病のメッカ。実は私も一度は研修したいと思ってました。(かなわなかったのですが...)いろいろな原因があり統合されるのでしょうね、ここで働く方々、そして通う患者さん達はどのように感じているのでしょうか。

病院、学校の統合。国が押し進めた、平成大合併の影響でドンドン身近にあったサービスは、遠くへと離れて行きます。それが、時の流れなのか?...本当にこのまま縮小されていいのか?

特に、地域の病院が統合される場合、統合された病院が規模を拡大し多くの人員を集めて、高度なものを提供しようとするならば、それは都会にある場合よりも慎重に計画を練るべきです。そして、現場の意見を聞き、何が必要で、何が不要なのか?新しい施設を作るときに利益を得る方々の意見を聞きすぎていないか?などキチンと検討するべきです。

日本全国多くの地域で、このような話は多く聞きます。しかし、本当に上手く行ってるところあるのでしょうか?寡聞にして聞きません。

医師不足を統合の理由とする場合、統合する両病院の医師が必ずしもすべて統合される病院に来るとは限らないという認識を政治家の方々は持つべきです。数学の世界では1+1は2ですが、この場合、1+1は1になったり0.5になったりします。行政主導で現場の意見を聞かず、その地域の方々の意見も聞かずにコレを押し進めるならば、ほぼ全例...失敗します。

病院はそこに働く人々で成り立っている。決して、建物がすべてではない。人材を大切にする努力を惜しむならば、その地域の医療は崩壊するでしょう。

|

« 朝からやられた.... | トップページ | 専門的なグループ...医閙 »

コメント

幸い清瀬の腎臓内科はそのままスライドする予定らしいです。あくまでも予定で、契約はまだとのことです。

ただ腎臓も単独科で出来ることではなく、泌尿器科あってのことですし、循環器科も必要です。もちろんパラメディカルの力もとても必要で、腎臓疾患のフォローのできる看護師さんや、MEさんも無くてはならない人材です。それらがすべて機能し始めるには相当時間がかかるように思います。

残された近隣地域の皆様にとって府中はそう遠すぎるわけではありませんが、隣にあったものが電車乗り継いで1時間以上となれば不便です。清瀬の腎臓を学んだ先生が清瀬の別の病院に就職することが決まり、少しほっとしているところもあるようです。

投稿: クーデルムーデル | 2009年7月 7日 (火) 09時01分

こんばんは
クーデルムーデルさま

清瀬に限らず、全国で起こってるのは、新たな枠組みへの集約ですね...。その過程では、いろいろな思惑が交錯します、福岡市立こども病院の移転に関してもそうです。

そこの通ってくる患児のこと、そして、そこに居る大事な人材。これをないがしろにしない施策を望むのみです。

ただ、清瀬の腎臓グループが変わらずに仕事を続けることができそうなことには希望を感じます。(^ ^)

投稿: いなか小児科医 | 2009年7月 7日 (火) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45560264

この記事へのトラックバック一覧です: 1+1は2にならない:

« 朝からやられた.... | トップページ | 専門的なグループ...医閙 »