« 映画のような話... | トップページ | 本当は怖い »

2009年6月23日 (火)

続けることの難しさ...。

2009年6月23日 曇りのち雷雨
予報では晴れでしたが、曇天がつづいたのち、夕方から雷雨!

私もいなかにいますが...地域で診療を続けることの難しさを思い知るような一件です。大分県竹田市にある竹田医師会病院には大分大学の医局から約5年前に小児科医が一人派遣されるようになりました。それまでは、全国的にも珍しい二次医療圏に一人も小児科医がいないという地域でした。請われて派遣開始となったのですが、継続することは非常に難しい。医師としてのキャリアアップの問題。地域住民や派遣先の問題もあるでしょう、更に医師の家族との問題。越えなければならない問題は、都会とくらべて多いといえます。

竹田市唯一の小児科へ 医師派遣取りやめ [2009年06月23日 10:25] 大分合同新聞
魚拓

<以下、引用>
『竹田市唯一の小児科へ 医師派遣取りやめ
[2009年06月23日 10:25]

 竹田市で唯一の小児科がある竹田医師会病院に小児科医を派遣していた大分大学医学部が22日までに、同病院への派遣の取りやめを関係者に伝えていたことが分かった。同大医学部が大分合同新聞の取材に答えた。竹田医師会病院の小児科は、小児科医の体調不良を理由に6月1日から休診となっており、市内の小児科医不在状態が長期化する恐れが出ている。
 関係者の話によると、小児科医の勤務形態や待遇面などで問題が生じ、市、市医師会などを交えて話し合いを続けてきたが、溝は埋まっていないという。大学は「小児保健医療のモデルとして頑張ってきたが、受け入れ難いものがあった。患者らのことを考えると残念でならない」とした。
 病院には1日以降、小児科に対する問い合わせが毎日10~20件あるという。「医師不足や厳しい経営状況の中、最大限の誠意を示してきた。病院としても小児科診療の継続は必要と考えており、市民のことを思うと残念でならない」としている。
 市は市内で小児科診療が継続できるあらゆる方策を探っている。県医務課は「(派遣をやめることについて)正式な連絡を受けていないが、小児科医が竹田市に残れるよう支援していきたい」と話している。
 2歳の子どもがいる市内の主婦(32)は「本当に困る。緊急の時を考えると怖くなる。早く、市内で診療が受けられるようにしてほしい」と話した。
 竹田市などによると、同市は全国でも数少ない小児科空白地域が約13年間続いたが、大分大学が2004年から常勤の小児科医を派遣。市はおたふくかぜの予防接種の全額補助をするなど、行政と医療機関が一体化した取り組みで市の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む平均子ども数)は06年から2年連続で上がった。』
<引用終わり>

文面をサラリとみてみると、派遣元をなじるような感覚を受けるのは私だけでしょうか?台所事情もあるでしょうし...どのような勤務だったのか?小児科医として派遣されるに納得するような場所であったのか?住民の方々の理解はどうだったのか?

派遣されている小児科医の先生が体調不良で休まざるを得ないということは、それだけ勤務に相当のストレスがかかっていたのでは?と感じます。

病院側の「病院としても小児科診療の継続は必要と考えており、市民のことを思うと残念でならない」という文言には、医師に対する配慮が伝わってきません。また、県医務課の「(派遣をやめることについて)正式な連絡を受けていないが、小児科医が竹田市に残れるよう支援していきたい」というコトバは、体調不良の医師にむち打つようなコトバではないでしょうか?

何が本当に必要なのか?根本的にえぐり出して、世の中に伝えてほしい!そう感じます。

|

« 映画のような話... | トップページ | 本当は怖い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45432807

この記事へのトラックバック一覧です: 続けることの難しさ...。:

« 映画のような話... | トップページ | 本当は怖い »