« 本当は怖い | トップページ | 心的外傷後ストレス障害 »

2009年6月26日 (金)

数を制限する

2009年6月26日 晴れ
梅雨はどこにいったのでしょうか?

日本心血管インターベンション治療学会は、その専門医制度新設にあたり、専門医の認定数を厳しく制限することにしました。会員数5598人もいるのに専門医の上限は1000人です。

「カテーテル治療の術者として500例以上(うちPCIを300例以上)経験した人に筆記試験の受験資格を与え、合格者に実技試験を課す。」

高度専門性の維持は凄まじい努力の結晶となります。PCIを300例以上経験するには、ある程度の施設でずっとoperaterをし続けることが必要でしょう...。他分野のことを目に入れていてはおそらく、それだけの症例数をこなすことは無理です。

カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に
魚拓

『カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に

2009年6月26日13時32分
 心筋梗塞(こうそく)などのカテーテル治療を行う医師らでつくる日本心血管インターベンション治療学会(理事長=一色高明・帝京大教授、医師会員5598人)は、今年新設する専門医制度で、専門医の人数を当面1千人に限ることを決めた。25日に札幌市で開かれた評議員会で承認された。

 日本専門医制評価・認定機構によれば、同機構加盟の71学会で上限を設けている学会はこれまでなかった。会員の7割ほどが専門医に認定されている学会もある。要件が緩くて質の保証としては不十分な学会もある。今回の取り組みは、そうした現状を踏まえ、要件を厳しくして専門医数を制限し、質を高めようという目的だ。今後、他の学会での取り組みを促すきっかけになると期待されている。

 カテーテル治療は、風船や金属製の管で、狭くなった血管を広げる。心臓に栄養を送る冠動脈を広げる治療(PCI)だけで実施数は年間約20万件と見られている。

 今回の専門医の認定基準では、カテーテル治療の術者として500例以上(うちPCIを300例以上)経験した人に筆記試験の受験資格を与え、合格者に実技試験を課す。

 厚生労働省は、一定の要件を満たす学会専門医を取得した場合、広告でうたえるよう02年から認めている。今回の専門医は今年11月に第1回の試験を行い、来年にも同省に広告を認めるよう申請する。(編集委員・出河雅彦)』

専門性を極めるこのような高度専門医は日本の医療にとって絶対に必要なのはいうまでもありません。しかし、その高度専門医の裏で、よりヒトに近い診療を続ける一群があってもいいのでは?と思っています。

それが、どのような存在なのか?旧来からある開業医の先生方のような存在か?総合医と呼ばれるような一群か?

いわゆる『町医者』と呼ぶのが一番適当な医師たちなのでしょうね....。

|

« 本当は怖い | トップページ | 心的外傷後ストレス障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45461265

この記事へのトラックバック一覧です: 数を制限する:

« 本当は怖い | トップページ | 心的外傷後ストレス障害 »