« ライブ | トップページ | 更に... »

2009年5月18日 (月)

封じ込めの可否

2009年5月18日 晴れ
日中の室内は暑い!

さて、新型インフルエンザは国内での感染事例が確認され、大阪、兵庫において凄まじい勢いで感染拡大が起こっています。検疫での封じ込めを狙っていましたが、ついにその網は破られたといっていいでしょう。現在のところ病原性はあまり強くないと考えてよさそうですが、感染力は非常に強く、わずかな接触でも感染が成立するようです。

ネット上で入手した現場からの情報では、『軽症例が多い。簡易キット(病院で検査してすぐに結果が出るインフルエンザの試薬)でA型陽性の全例でPCR(確定診断に用いる、ウィルスの核酸を増幅して検出する方法)でも新型インフルエンザ陽性である。しかし、PCR陽性のうち半数は簡易キット陰性である。』との報告もあり、全例を捕捉して隔離することなどはおそらく無理であろうと考えます。

つまり、何らかの軽い消化器症状があるヒトが新型インフルエンザの可能性もあり、封じ込めは不可能と感じます。

そうすると、既に国内では相当数の患者さんが発生している可能性があり(つまり、自分やそれを診療している医療者も気づいていない患者さんが相当数いるということ)、現在の封じ込め対策を早いうちに見直す必要があると感じます。

大量に発生した患者さんをどうやって診療するのか?軽症例と重症例の見分け、新型インフルエンザで重症になった方々を、どのようにして一般の患者さんたちと隔離して収容するのか?医療を提供するスタッフをどのように確保するのか?蔓延期に備えて準備するべきです。

まずは、検疫に従事しているスタッフ、要している資金をどのように診療にシフトさせるのか?コレをかんがえなければなりません。

|

« ライブ | トップページ | 更に... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45056051

この記事へのトラックバック一覧です: 封じ込めの可否:

« ライブ | トップページ | 更に... »