« 使ってはいけない...???? | トップページ | なぜ、蔓延しないのか? »

2009年5月25日 (月)

脅威

2009年5月25日 曇り
そう暑い一日ではありませんでした。

既に、日本は射程内となっています。

国際社会、一斉に非難=長崎原爆並みの威力か−短距離ミサイルも発射・北核実験 5月25日20時18分配信 時事通信
魚拓

<以下、引用>
『国際社会、一斉に非難=長崎原爆並みの威力か−短距離ミサイルも発射・北核実験
5月25日20時18分配信 時事通信
 【ソウル25日時事】北朝鮮が25日、核実験を強行したことを受け、日米韓など国際社会は「国際平和と安全の脅威」(オバマ米大統領)、「世界の平和と安定に対する深刻な脅威で重大な挑戦」(韓国政府)などと一斉に非難の声を上げた。国連安全保障理事会は日本時間26日午前に緊急会合を行い、対応を協議する見通しで、北朝鮮への新たな制裁措置を定めた新決議採択も視野に各国の外交的駆け引きも本格化しそうだ。
 韓国合同参謀本部によると、北朝鮮はさらに咸鏡北道舞水端里から1発、江原道元山周辺から2発の短距離ミサイルを日本海に向けて発射した。核実験は咸鏡北道吉州地域の地下実験場で行われ、2006年10月の前回核実験よりも大きな爆発があったとみられる。ロシア国防省当局者は爆発の規模について「10−20キロトン」と最大で長崎原爆並みの威力だったとの見方を明らかにした。
 北朝鮮は事前に米国や中国などに実験の実施を事前通報していたとされる。ただ中国外務省も「国際社会の反対を無視して再び核実験を行った」と「断固として反対する」との声明を発表、国際社会の懸念に同調した。ロシア外務省も決議違反と非難した。
 今後は安保理での協議に焦点が移るとみられるが、北朝鮮の友好国である中ロは厳しい対抗措置には難色を示すことも考えられ、新決議採択の場合には調整が難航することも予想される。』
<引用終わり>

アラスカまで届くロケット技術、キチンと核爆発を起こし制御できる技術。これが合わさると、大陸間弾道弾を作ることができます。この脅威を使って、かの国は世界を脅し続けるでしょう...。自分たちの利益を求めて...。

|

« 使ってはいけない...???? | トップページ | なぜ、蔓延しないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45128656

この記事へのトラックバック一覧です: 脅威:

« 使ってはいけない...???? | トップページ | なぜ、蔓延しないのか? »