« 理想と現実 | トップページ | ライブ »

2009年5月15日 (金)

危険な業務...。

2009年5月15日 曇りのち晴れ
朝晩の気温は低く、昼間はあったかい気候です。

さて、もう半月程前に流れた記事。

【新型インフル】群馬県、医師確保進まず 感染の補償めぐり交渉難航 2009.4.30 12:53
魚拓

<以下、引用>
『【新型インフル】群馬県、医師確保進まず 感染の補償めぐり交渉難航
2009.4.30 12:53
このニュースのトピックス:新型インフルエンザ
 群馬県で新型インフルエンザの診断を行う「発熱外来」の設置が難航、医師や看護師の確保が計画の2・7%にとどまっていることが30日、県への取材で分かった。県は公民館などに最大で111カ所を設置する計画だが、医療スタッフを確保しているのは富岡市の3カ所のみという。
 県保健予防課によると、医師らが患者から新型インフルエンザをうつされた場合の補償について交渉が難航。発熱外来の設置は厚生労働省の行動計画に示されているが、県は「(設置に)法的強制力はなく、協議が進まなかった」と話した。
 県は「各保健福祉事務所に指示をして、できるだけ早めに対応したい」としている。』
<引用終わり>

普通の外来業務しながら、PPEを着て、別室で発熱外来するのはほぼ不可能であると思います。また、外来を行った医師が感染を受けた場合はどういう補償があるのか?予防措置はとっていただけるのか?これが問題となるでしょうね...。

通常の外来と別建てで発熱外来やれというのであれば、人員の確保、資金面でのサポート、労災が起こった場合の補償まで考えた上でしないと上手くコトは運ばないんじゃないかな〜?などと思います。

『医師らが患者から新型インフルエンザをうつされた場合の補償について交渉が難航。』

という下りには、県とマスコミの悪意が感じられます。

|

« 理想と現実 | トップページ | ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/45024921

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な業務...。:

« 理想と現実 | トップページ | ライブ »