« 医療の不確実性 | トップページ | 補償する範囲... »

2008年9月21日 (日)

何故だろう...

2008年9月22日 雨

なぜだろう....
何故、5歳や6歳くらいの、まだこれから生きる喜びを感じることのできる子供の命が何者かにより絶たれるのだろう...。殺されたと思われる子供たちは、その瞬間、何を感じていたのだろう。

何故、彼らは死ななければならなかったのだろう....。そして、何故このような事件が続くのだろう。

涙が出る。まだ、立派に生きることができるのに...。人生を謳歌できただろうに...。

このような事件が続く背景には、日本の社会の変化があるのか?とも思う。子供の命を軽んじるようになったのか?子供を育てるという行為を社会全体として受け入れる能力が低下したのか?成績主義、能力主義が社会に浸透し、また、子供もまたその序列の中に組み込まれていく。社会全体がよりパフォーマンスを上げるように、より儲けるように動いていく。

勝ち組、負け組などというコトバが生まれてきたように...。社会は徐々に二極化の様相を呈し、社会の底辺を生きる人々はより貧しさを強くしていると感じられる。一方、勝ち組の人々はより裕福な暮らしを求める。その格差を感じるとき、社会の底辺を生きざるを得ない人たちには、ある種の、諦め...また、上層部や社会全体に対する復讐心が芽生えてもおかしくないと思う。

そのような状況の人々が増えているのでは?

社会的な弱者である子供たちを擁護するのではなく、自分たちの苛立ちのはけ口としているのかもしれない。これらの事件に、いま記述したような背景因子が絡んでいるとしたら、恐ろしいと感じる。

大切な子供の生命を奪った犯人個人を到底許すことはできない。そして、このような事件を生み出す社会背景があるならば、それをも許すことはできない

|

« 医療の不確実性 | トップページ | 補償する範囲... »

コメント

子供を持つ身として、こういった事件には怒りと恐怖を
覚えます。

最近の許しがたい風潮として、何かあるとすぐ社会や
他人に責任を転嫁する、ということがあると思います。

社会がどんなに悪かろうと、身の上が不幸だろうと、
守るべきを守り、粛々と生きる人がいることを考えれば、
犯人にどんな理由や事情があれども、ましてや社会
背景が云々、というのはただの言い訳で、犯人には
一切の酌量は無用だと思います。

社会背景という便利な言い訳、誰が考えたんでしょうね?

投稿: さぼりーまん | 2008年9月22日 (月) 07時45分

報道されることしかわからないのですが、福岡のケースはお母さんの心労を少し想像できるだけに、余計にかわいそうな気がします。
もちろん子どもを殺しちゃいけませんし言い訳にもなりません。

投稿: Kazu | 2008年9月23日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/42550915

この記事へのトラックバック一覧です: 何故だろう...:

« 医療の不確実性 | トップページ | 補償する範囲... »