« 思い出す... | トップページ | 心臓検診... »

2008年7月23日 (水)

総合医の定義....レス

本日2稿目です。

まず、私は専門医を否定するものではありません。医療の進歩、そして専門医でなければ救えないそういった患者さんがいることは明らかです。ただ、患者さんの一般的な入り口として総合医があってもよいのでは?という考え方です。そして、総合医的な仕事はこれまでも開業医の先生方が担ってきた...ということもいえるでしょう。でも、総合病院の新患担当にこういった能力をもった医師がいれば...患者さん、そして医療者とも、より幸せなのではないか??というキモチです。

さて、拙ブログ:総合医の定義...に以下のような貴重なコメントをいただきました。

『はじめまして、こんにちは。
総合医には重症度の見極めが重要ということに同意します。しかしながら、「幅広い領域」で正確に見極めをするのは難しいでしょう。重症を知らなければどこで専門医が介入すべきかわからないと思うからです。早すぎればただの「紹介状屋さん」ですし、遅すぎれば「謝罪と賠償」が待ってます。正確な見極めが出来るようになるにはかなりの時間がかかるものと思うのですが、誰がどのくらいの期間で養成するのでしょうね。総合医が誕生したけど前線で24時間戦うのは体力的に無理、なんてことにならなければいいのですが。』

現在の医療現場におられる先生の貴重なコメントであろうと感じます。

>しかしながら、「幅広い領域」で正確に見極めをするのは難しいでしょう。

確かに難しいことですね...医療である限り100%を期待はできないでしょう。ただ、私の「どさまわり」の経験からすると、数年間のへき地中核病院勤務はこのようなタイミングの見極めに必要な能力を養成するのに、充分とはいえませんが...かなり寄与します。ただ、制度として「誰が、どのような機関で、どのくらいの期間で」養成するのか?というのを決めるのは難しいと思います。

>総合医が誕生したけど前線で24時間戦うのは体力的に無理、なんてことにならなければいいのですが。

その危惧はゴモットモですね。どの程度の規模でやるのか?これにかかってくると思います。

余談となるかもしれませんが...感じていることの一つは...。へき地の病院勤務されて、一人当直を経験された先生方は総合医の能力の一端を既に持ってらっしゃるのでは?ということです。自分の専門科以外の患者さんを診なければならないとき、相当の苦労をされたはずです。認定医、専門医をとられている先生も、潜在的に総合医の能力を持ってらっしゃるということです。+αでそれなりの経験を積めば総合医と呼ぶにふさわしい医師となるのではないかと...感じます。

ただ、『そんな努力をする暇はない』ということも理解できます。

|

« 思い出す... | トップページ | 心臓検診... »

コメント

こんばんは。別のエントリーになっていたのでびっくりしました。酔いが少々醒めてしまいました。
私はマイナー系の医師で、ごめんなさい、”全科”当直の経験は幸いないのですが、全科当直しておられる先生方の判断にいつも助けられていました。
私が心配しているのはこの国の住民が『専門医』志向になっていることです。どこかの『権威』ある機関が認定した『専門医』でなければ満足しないのでは?ということです。判断が正しくても結果が悪ければ、『総合医』の『専門医』といえどもいらぬトラブルに巻き込まれるでしょうけどいわんや「専門外」なら…そう考えたとき、誰がどういう基準で認定すれば国民は満足するのかな?と不安になった次第です。
うまくまとまりませんが5秒以上考えられない状態ですのでご容赦ください。

投稿: R | 2008年7月24日 (木) 00時35分

こんにちは。
総合医。定義も難しいけれど、実業としても困難な部分が多い。
私は、マイナー科ですけれど、地方病院では全科当直をさせられていました。しかも科の特性からなのか、病院によっては内科になったり、外科になったり…。今から考えると恐ろしいことです。

管理人さんのおっしゃるとおり、地方勤務の中で、他科の医師から多く指導を受けてきましたのでそこそこの判断はできるのかもしれません。

ですが、今は地方では指導できる中堅医師が粛々と消散しており、地方で学べる環境も激減しています。ですから、僻地の戦場は必ずしも総合医的な要素を身につける場所ではなく、墓標を立てる場所となる可能性が高くなっていると思います。

ネガティヴな意見ばかりですみませんです。

投稿: 雪の夜道 | 2008年7月24日 (木) 11時58分

研修医2年目で進路に迷っています。
整形外科か小児科で考えていましたが、手術よりも診断学が好きなので内科も考えました。内科は専門分野が細かくわかれており、一般医として全てみれる小児科を考えました。

小児科医不足と言われる中、小児科医師数は内科に次いで1万人余りと一定しています。やはり勤務医から 開業医に流れてるのでしょうか?

投稿: 研修医師 | 2008年8月 4日 (月) 19時20分

こんばんは
研修医師さま

コメントありがとうございます。

>小児科医不足と言われる中、小児科医師数は内科に次いで1万人余りと一定しています。やはり勤務医から 開業医に流れてるのでしょうか?

病院小児科で勤務されていた先生が開業されるのは多いですね。

投稿: いなか小児科医 | 2008年8月 5日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/41951750

この記事へのトラックバック一覧です: 総合医の定義....レス:

« 思い出す... | トップページ | 心臓検診... »