« 養成数増加を支えきれるのか? | トップページ | 総合医の定義....レス »

2008年7月23日 (水)

思い出す...

2008年7月23日 晴れ
猛暑です。

さて、本当に医療とはかけ離れたお話かもしれません。20年以上前に流れていた『宇宙戦艦ヤマト』というアニメの中で、破壊された地球環境をキレイにしてくれるのは「コスモクリーナー」という機械でした。

その「コスモクリーナー」を彷彿とさせるような....そんな話です。
アメリカ
温暖化を防ぐにはCO2削減より吸引 2008年7月23日(水)0時0分配信 クーリエ・ジャポン

魚拓

『米コロンビア大学の海洋学者ウォーレス・ブロッカーは、1975年に温暖化の警鐘を鳴らした環境問題のパイオニアだ。当時は、地球の温度は下がっていると信じる科学者が多いなか、彼は大気中のCO2濃度と気候変動の関係を指摘し、地球の気候がいかに激変しうるかを説いた。

 ブロッカーは、人類が化石燃料を手放すことは不可能だと考えている。原子力発電は放射性廃棄物の問題があるし、風力発電はあまりに頼りない。液体水素燃料は新たな流通インフラの整備が必要だし、太陽エネルギーはコストが高いため、普及させるのが難しい。

 大気中のCO2濃度は、産業革命前の280ppmからすでに100ppmも増えており、ブロッカーは「この調子で行けば800~900ppmに達する可能性もある」と指摘する。彼の主張は「もしCO2の排出量を減らせないのであれば、この問題に対処するセイフティー・ネットを作らなくてはならない」というものだ。

 ブロッカーは、ある富豪から500万ドルの出資を受け、科学者と技術者からなるチームを結成。CO2を吸引する「気体洗浄装置」を開発した。これは潜水艦内の空気を洗浄するシステムを応用したもので、吸引したCO2は圧縮して地中に埋める。人類がいまの生活を続ければ、今後20年間に排出されるCO2を吸引して液化すると、ミシガン湖ほどの大きさになるという。』

まるで、CO2に汚された地球を救うような「コスモクリーナー」を思い出す様な一文です。しかし、この機械を動かすために必要なエネルギーはどうやって絞り出すか?そのエネルギーを絞り出すために、CO2を排出したら....元も子もないように感じます。

|

« 養成数増加を支えきれるのか? | トップページ | 総合医の定義....レス »

コメント

牛を飼い牛肉を食べることは、メタンガスの問題はもちろんですが、食糧問題も引き起こしています。牛一頭が一日に食べる餌の量は18人の人間が食べる一日の量です。牛肉は食料生産効率の大変悪い食品なんです。南北アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパの人たちが牛肉を食べず、その土地でほかの農産物を生産すれば現在の食糧問題は簡単に解決します。欧米などは日本の捕鯨を批判していますが、魚を餌としている鯨をある程度の数に減らし、人間が魚等を獲って食べている方がよほど環境と食料問題にも良いのです。

ところで現在進められている地上デジタルテレビは必要ないでしょう。今のテレビで十分です。日本の家庭にある何千万台単位のテレビを使えなくすること自体が、二酸化炭素の低減に大きく反しています。政府もテレビ局も「地球温暖化阻止」と言いながら…さらに自分たちの金儲けのためにこんな物まで国民に売りつけるひどい国が日本です。
地上デジタルテレビ自体をを買わないことが、環境の保全ですし、デジタルへの以降も不可能になるでしょう。この先多くの国民がテレビの買い替えをしなければデジタルへの完全移行は不可能です。みんながデジタルテレビを買わなければ、NHKは受信料が激減、民放の広告収入も激減。
とにかく今のままアナログテレビを使い続けることです。
デジタル移行を阻止しましょう。

投稿: nakata | 2008年7月25日 (金) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/41949890

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出す...:

« 養成数増加を支えきれるのか? | トップページ | 総合医の定義....レス »