« 論点のズレ... | トップページ | レス_論点のズレ »

2008年6月20日 (金)

究極の判断

2008年6月20日 雨
ホント、熱帯のスコールです...。

我が国では死刑制度があります。裁判で死刑が確定し執行されるまでには数多くの段階が踏まれ、最終的に法務大臣の決済で執行されます。この決済は『究極の判断』といえるでしょう。そして、その判断を行うことは相当のストレスがかかると感じます。

このようなストレスフルな判断を行わなければならない法務大臣をして『死に神』呼ばわりすることは、どうでしょうか?この記事を書き下ろした朝日新聞の記者には、「生死のギリギリの場面での判断をなさってみなさい」というほかありません。

日本では終身刑という制度はなく、死刑につぐ重刑は『無期懲役』となります。しかし、この無期懲役でも模範囚となるならば、一般の社会に戻ることができます。凶悪犯罪に手を染めたものが、模範的な囚人となり社会に戻ったあとの再犯が最近問題となっていますが、死刑制度を倫理的な問題とするならば、再犯を防ぐ方策を確立させなければなりません。

ことわっておきますが...ココでは死刑の是非を論じているつもりではありません。

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」6月20日11時12分配信 産経新聞
魚拓

『今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。』

この朝日新聞の記者さんは「反死刑論者」であったのでしょうか?前述した通り、この最終判断には相当なストレスがつきまとうと考えます。「死に神」というコトバで揶揄するほど軽いものではないと思います。

『「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。
 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。』

まったく同感。朝日新聞の根本の姿勢がこのように軽いものであると露呈した一事であると考えます。

本日参照させていただいた記事です。

『朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」
6月20日11時12分配信 産経新聞

 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

【記事と写真で見る】 宮崎勤死刑囚が事件当時生活していた部屋

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。
 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。』

|

« 論点のズレ... | トップページ | レス_論点のズレ »

コメント

トラックバックありがとうございました。
素粒子だけでも、いけないことなのに、追い討ちをかけるように、20日の夕刊の漫画。あの漫画もいけませんね。

投稿: 雫石鉄也 | 2008年6月21日 (土) 17時24分

雫石鉄也さま
コメントありがとうございます。

ほんと、朝日には閉口しますね...これで中傷する意思はなかったなんて....。あきれます。

投稿: いなか小児科医 | 2008年6月21日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/41593883

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の判断:

» 臨戦態勢に入った朝日の鳩山法相死神批判 [かきなぐりプレス]
25年来の朝日新聞の購読者だ。最近でこそブログを始めて天声人語や社説を読むようになったが、素粒子は昔から目を通す習慣がないので、鳩山法相を死神と批判したこともすっかり見落としていた。 羽生が新永世名人のタイトルを奪取したことに掛けて、 「永世死刑執行人 鳩山法相」とペンを走らせた。 その心は、 「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死神。 これに鳩山法相が強く抗議したことから、問題が大きくなった。 さっそく、TBSラジオのうわさの調査... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 07時42分

» またも朝日か・・・と言われたこと [日々思ふこと]
法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で2008年6月20日13時35分(朝日新聞)  鳩山法相は20日の閣議後の記者会見で、朝日新聞の18日夕刊1面の時事寸評コラム「素粒子」で死刑執行に絡んで「死に神」と表現されたことについて「大変な問題だ。そういう軽率な文... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 09時33分

» 朝日新聞は「死に紙」? [阪和線の沿線から]
「表現の自由」というのがあるとは言っても、これはいくら何でもあかんでしょう。 朝日新聞夕刊素粒子欄「死に神」の表現、鳩山法相が抗議(gooニュース、元記事:読売新聞) 死刑制度に賛成・反対両方の意見が対立していることは理解できます。 その中で、朝日新聞が...... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 11時49分

» アカヒ・・・デリカシーってもんがねぇヽ(´Д`;)ノ [毒吐き]
朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した 鳩山邦夫 法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。  「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「 素粒子 」。約3年の中断を経て死刑執行が再... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 13時13分

» ずばりお聞きします。鳩山法相の仕事ぶりは? [名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳]
追記 朝日新聞、夕刊のコラムで鳩山邦夫法相の事を、「死に神」だと表現。鳩山法相も嫌がる仕事をマジメにやってるのに・・・・・・・・・。偏向報道も行き過ぎだ。ここまで 埼玉県と東京都で、幼い女の子4名が犠牲になった、「幼女連続誘拐殺人事件」、いわゆる宮崎事件の宮崎勤死刑囚の死刑が執行された。 同日、他2... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 15時54分

» 6月20日(金) 朝日、法相を死神ガキデカよばわり [とつぜんブログ]
 小生、親父の代から朝日新聞の愛読者で、全国紙では朝日以外に選択肢はなく、これからも朝日を読んでいくつもり。また、鳩山邦夫なる御仁については、?が多々ある御仁だと思っている。  そんな小生でも、さすがにこれは朝日が悪い。朝日は早々に鳩山法相に謝罪すべきだ。いや、鳩山氏だけでは足らぬ。鳩山氏は刑の執行を命令しただけで、死刑の判決を下したのは裁判所である。だから、朝日のこのコラムは、司法と行政の2権を同時にコケにしたことになる。従って、朝日は、裁判所、検察、弁護士など、鳩山氏が死刑執行を命じた死刑囚の裁... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 17時17分

« 論点のズレ... | トップページ | レス_論点のズレ »