« 試案の重大な問題点 | トップページ | 更新が滞っています... »

2008年4月10日 (木)

問題の根源

2008年4月9日 雨

花散らしの雨です。しかし、おかげで鼻の調子は良好。

さて、「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」は厚生労働省が主催する会議です。しかし、その議論は二転三転...そのproductの名前でさえも...医療事故調査委員会から医療安全調査委員会と変化を遂げています。その座長は刑法学者の前田雅英氏ですが...その議論の進め方などについてギモンを呈する声が大きい!

m3.comに掲載されている「医療維新」というコラム。4月7日分より抜粋します。

『大野病院事件は「重大な過失」「悪質な事例」か -“医療事故調”が警察に通知する事例を考える -』

『検察官の論告は、
 「基本的注意義務に著しく違反した悪質な行為であることは明らかであり、被告人の過失の程度は重大である」
 「産婦人科医としての基本的な注意義務に違反し、医師に対する社会的な信頼を失わせた」
 「被告人は、(中略)信用できない弁解に終始している」
 「こうした責任回避の行為は、(中略)医療の発展を阻害する行為であり、非難に値する」
 「被告人は被害者を自ら検案し、その異状を認識していたが、医師法に基づく届け出も怠った」』

医療の世界にドップリ浸かっていない検察の方々には、臨床の現場を理解しろというのは土台無理な話しでしょう。臨床的な実力があり、酸いも甘いも嗅ぎ分けた人間がこのような論告を行うべきです!とてもとても、こんな論告を飲み込む訳にはいきません!!!!(怒)

『論告の前には既に、被告の加藤克彦医師の産科手術に関する医学的観点からの鑑定意見が複数、公判廷に提出されている。検察は既に十分にこれら鑑定を吟味した。それにもかかわらず、検察は加藤医師の産科手術を「重大な過失」であると断じ、「悪質な事例」と評しているのである。』

もう既に救いがたいというレベルでしょう。善人であろうが、悪人であろうが....こき下ろすのが職務でしょうから....仕方がないでしょうか?

『重過失致死罪の記述に、「重過失とは、注意義務違反の程度が著しい場合を言う」、「わずかの注意を払うことにより結果の発生を容易に回避し得たのに、これを怠って結果を発生させた場合」とある。

 前田氏の記述に従うように、検察は大野病院事件の産科手術事例を「重大な過失」に当たると認定してしまった。公判廷で、無過失を証明する数々の医学者の鑑定が提出されたにもかかわらず。』

この記述が表しているのは、検察には公平な判断を求めることが難しい(特に、非常に専門性の高い医療等の分野では...)ということでしょうね。公平な判断を行うために、新しく「医療安全委員会」を作り、その判断で「刑事事件相当」ということになれば検察に回るという動きが理想的であるはずです。過失の有無に関わらず、残念ながら重大な事故に遭われた患者さん、そして家族の方々が、その処罰心情の大きさによって起訴相当かどうか?決められるようであれば、医療を施そうとする者たちはほとんどいなくなってしまうでしょう。

『厚労省は、医療死亡事故の死因究明などを行う、医療安全調査委員会の創設に向けて、4月3日に第三次試案を公表した。これは前田氏の検討会の議論を受けたものだが、今までの過程では、医療安全調査委員会が警察に通知する「重大な過失」の定義や範囲について、まともな議論がなされなかった。

 現に、その前田氏自身が、3月21日に開催された日本学術会議の公開講演会で、この点につき、「言葉の問題を正面に持っていくと議論が止まってしまう」と述べられたそうである。つまり、「重大な過失」の定義・範囲を議論しなかったのは、意図的なものだったらしい。』

重大な過失の定義がはっきりしないと、なんでもかんでも重過失にされる可能性があります。この、議論を避けるのはこの会議の存在意義を否定することにならないか?と危惧します。

『実体法が改正されず、法解釈にも変更がないとすると、大野病院事件に代表される産科手術事例も、「重大な過失」の典型例とされざるを得ない。最終的に裁判官がどう判断するかは不明だが、少なくても検察は「重大な過失」として扱っているからである。
 
 しかし、それでは巷で思われてきたことと、全く違ってしまう。今まで巷では、少なくても大野病院事件のような手術事例は、「重大な過失」には当たらない、と信じられてきたのである。』

恐ろしいことです。医療の現場では「過失なし」とうけとられる事例でも、裁判の場では「重過失」とされる。コワくて医療なんてやってられないと医師は感じるでしょう。

議論は尽くされていない。座長自らが、問題の根源であるということです。

本日参照させていただいた記事です。

『大野病院事件は「重大な過失」「悪質な事例」か
“医療事故調”が警察に通知する事例を考える
井上清成(弁護士)
 1.福島県立大野病院事件の検察の論告—「重過失で悪質」

 福島県立大野病院の刑事事件の審理が大詰めを迎えている。複数の医学者による鑑定が提出され、既に証拠調べも終わった。3月21日には、鑑定意見も含めた証拠の総合評価として、検察が論告を行ったが、その法的判断は極めて厳しいものだったようだ。
  
 検察官の論告は、
 「基本的注意義務に著しく違反した悪質な行為であることは明らかであり、被告人の過
 失の程度は重大である」
 「産婦人科医としての基本的な注意義務に違反し、医師に対する社会的な信頼を失わ
  せた」
 「被告人は、(中略)信用できない弁解に終始している」
 「こうした責任回避の行為は、(中略)医療の発展を阻害する行為であり、非難に値する」
 「被告人は被害者を自ら検案し、その異状を認識していたが、医師法に基づく届け出も
 怠った」
などという調子であったらしい。
  
 2.検察の判断—「鑑定を踏まえた法的評価」
 論告の前には既に、被告の加藤克彦医師の産科手術に関する医学的観点からの鑑定意見が複数、公判廷に提出されている。検察は既に十分にこれら鑑定を吟味した。それにもかかわらず、検察は加藤医師の産科手術を「重大な過失」であると断じ、「悪質な事例」と評しているのである。

 ところで、「重大な過失」とは何か。厚生労働省の「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」の座長を務める刑法学者の前田雅英氏の著書『刑法各論講義(第4版)』(東京大学出版会)65ページを引用してみよう。

 重過失致死罪の記述に、「重過失とは、注意義務違反の程度が著しい場合を言う」、「わずかの注意を払うことにより結果の発生を容易に回避し得たのに、これを怠って結果を発生させた場合」とある。

 前田氏の記述に従うように、検察は大野病院事件の産科手術事例を「重大な過失」に当たると認定してしまった。公判廷で、無過失を証明する数々の医学者の鑑定が提出されたにもかかわらず。

 3.医療安全調査委員会における「重大な過失」

 厚労省は、医療死亡事故の死因究明などを行う、医療安全調査委員会の創設に向けて、4月3日に第三次試案を公表した。これは前田氏の検討会の議論を受けたものだが、今までの過程では、医療安全調査委員会が警察に通知する「重大な過失」の定義や範囲について、まともな議論がなされなかった。

 現に、その前田氏自身が、3月21日に開催された日本学術会議の公開講演会で、この点につき、「言葉の問題を正面に持っていくと議論が止まってしまう」と述べられたそうである。つまり、「重大な過失」の定義・範囲を議論しなかったのは、意図的なものだったらしい。

 第三次試案では、医療安全調査委員会は、死因を調査した事例のうち、「故意や重大な過失」は警察に通知することになっている。しかし、警察に通知するか否かは、それこそ警察・検察が捜査を開始するか否かの分かれ目である。「重大な過失」に当たるかどうかこそが、問題の中心に据えられなければならない。

 4.「重大な過失」の定義・範囲

 本来、「重大な過失」の定義・範囲といった「言葉の問題」、並びにその典型事例は十分に議論されるべきであろう。

 ただ、残念なことに、医療安全調査委員会創設に併せて、医療刑事事件につき、その実体法である刑法を改正しようという動きは全く見られない。そうすると、刑法211条1項前段に定められている業務上過失致死傷罪の法解釈は、現行と何ら変わらないであろう。つまり、「重大な過失」の定義・範囲は、前田氏の前掲書の記述通りに、そのまま変わらずに通用することが見込まれる。

 例えば、薬剤取り違えに代表される単純ミスは、今後も変わらず、「重大な過失」と評価されることであろう。

 5.「重大な過失」の典型例—産科手術事例

 実体法が改正されず、法解釈にも変更がないとすると、大野病院事件に代表される産科手術事例も、「重大な過失」の典型例とされざるを得ない。最終的に裁判官がどう判断するかは不明だが、少なくても検察は「重大な過失」として扱っているからである。
 
 しかし、それでは巷で思われてきたことと、全く違ってしまう。今まで巷では、少なくても大野病院事件のような手術事例は、「重大な過失」には当たらない、と信じられてきたのである。

 したがって、前田氏が座長を務める厚労省の検討会が第三次試案の公表後、どのように議論を進めるかは分からないが、「言葉の問題を正面に持っていく」べきであろう。なぜなら、大野病院事件での検察の論告、前田氏の刑法学の著書の記述、厚労省の検討会での議論で、いずれも同じ「重大な過失」という法律用語が用いられている以上、同じ「言葉の意味」であると捉えられざるを得ないからである。』

|

« 試案の重大な問題点 | トップページ | 更新が滞っています... »

コメント

これから産科をする医師達は、本当に天使のように無邪気な心の人だけだろう。大いなるお人好し程度ではできないでしょうね。その天使も羽根をもがれる。

どんなに意見しても変わらない徒労感、寂寥感は、無限大です。日本が嫌いになってしまうとまで感じています。

投稿: 雪の夜道 | 2008年4月10日 (木) 12時30分

こんばんは
雪の夜道さま

コメントありがとうございます。また、返事が遅れまして申し訳ありません。

徒労感、寂寥感はありますね....。ここまで、医療者の肉体を軽視する国は許されないでしょう...。

投稿: いなか小児科医 | 2008年4月14日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40832075

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の根源:

» 本の過去 04142008 [つき指の読書日記]
 毎日、いろいろなブログを拝見しているが、ほとんどが日本の現状に不満を持ち、苛立ちを隠さない書き込みが多いのがわかる。格差社会の拡大、地域経済の疲弊、教育、学校の崩壊、家族関係の断絶、外国人による犯罪の増加、それに凶悪化する少年犯罪、治安のいちじるしい悪化、さらに少子高齢化への不安、そして東アジアを取り巻く中国発の懸念、問題など、それらの苦渋をどこへむけるべきかさえ曖昧な、重苦しい戸惑いが拡がっているように思えてならない。  そう時間軸の幅をおかず、日本社会のこのような変化をどう考えるべ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 20時15分

» ■私のパブコメの反対意見を公開します 「医療事故調 第三次試案」 [勤務医 開業つれづれ日記・2]
私こと中間管理職は 「医療事故調 第三次試案」に 反対です。 パブリックコメントで当ブログから、 正式に”第三次試案に反対”の... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 08時12分

« 試案の重大な問題点 | トップページ | 更新が滞っています... »