« 病院はモノなのか? | トップページ | 大きな視点 »

2008年3月15日 (土)

大事にしなければ残らない...

2008年3月15日 晴れ
今日は一日休み...午前中に病棟を少し回診して、その後はfreeでした。

さて、拙ブログ:地域医療_最近感じることでも記述しましたが....地域医療を志して自治医科大学を卒業された先生方であっても、その地域医療が本当に辛いものであったならば、誰がその場所に残り続けるでしょうか?学問上のこと。家族のこと。最低限の人間らしい生活を保障しなければ、いくらココロザシ高くとも続けることはできないでしょう!行政の方々には「将来への投資」という感覚を持っていただきたい。

記事は読売新聞。
6医療機関に医師13人 県出身自治医大卒 隠岐や中山間地域
(現在、魚拓取得が停止している様です。)

『離島や中山間地域などのへき地医療への支援を考える県地域医療支援会議(会長=法正良一・県健康福祉部長)が14日、松江市内であり、新年度から5年間の県地域医療支援計画をまとめた。また、4月から県出身の自治医科大卒業医師13人が公立隠岐病院(隠岐の島町)など6医療機関に派遣されることも決まった。』

公の会議で派遣先を決定するのは、いいことであろうと思います。島根県は地域医療において先進地であるとの認識をもっています。

『県内7圏域の首長や医療関係者が出席。計画では、派遣期間が終われば都市部に流れがちな自治医科大出身医師の定住を促すため、医師の希望に添えるよう専門医の資格取得に配慮した研修制度を充実させる。また、県医療対策課の担当者がU・Iターンを希望する医師の出張面談を行うことや、県の医師向け無料職業紹介所「赤ひげバンク」について就職情報を充実させることなどを盛り込んだ。』

地域医療をするのだという志に燃えた医師も、その状況が悲惨ならばその地を出て行くでしょうね...。引き止めたいのであれば、いろいろなことを考えて環境を整備しなければなりません。

『一方、委員は、女性医師や看護師が子育てをしながら続けられる環境整備やへき地医療に携わる医師が研究や休暇で不在になった際の「県へき地代診医派遣制度」充実などを求めた。』

自治医科大学学長の高久先生のキモイリで作られたとされる、「へき地医療支援機構」という部署が各県にあります。設置していない所は「補助金」を削られるため、みんな「何とかして設置を...」と頑張りました。この部署の機能の一つに、「診療所などの代診」というのがあります。専任担当医が病気やその他の状況での診療停止に対して代診を行うのです。

でも、いくつかの自治体では....「骨抜き」となっています。当初、専任担当医は「地域医療に造詣の深い自治医大出身者が望ましい」とされていましたが、そのポストを「あまり地域医療の経験のない」先生に明け渡しているのです。その結果、「代診なんて行くのヤダ!」ということになり、代診機能が減弱あるいは消滅し....地域で頑張ってる先生方はふさぎ込む。という図式が生じているところがあります。

このような流用をおこなったところの自治医大卒業医師は「ココロが折れる」でしょうね....当然、その地域の医療は衰退するでしょう。

本日、参照させていただいた記事です。

『6医療機関に医師13人 県出身自治医大卒 隠岐や中山間地域
 離島や中山間地域などのへき地医療への支援を考える県地域医療支援会議(会長=法正良一・県健康福祉部長)が14日、松江市内であり、新年度から5年間の県地域医療支援計画をまとめた。また、4月から県出身の自治医科大卒業医師13人が公立隠岐病院(隠岐の島町)など6医療機関に派遣されることも決まった。

 県内7圏域の首長や医療関係者が出席。計画では、派遣期間が終われば都市部に流れがちな自治医科大出身医師の定住を促すため、医師の希望に添えるよう専門医の資格取得に配慮した研修制度を充実させる。また、県医療対策課の担当者がU・Iターンを希望する医師の出張面談を行うことや、県の医師向け無料職業紹介所「赤ひげバンク」について就職情報を充実させることなどを盛り込んだ。

 一方、委員は、女性医師や看護師が子育てをしながら続けられる環境整備やへき地医療に携わる医師が研究や休暇で不在になった際の「県へき地代診医派遣制度」充実などを求めた。

 自治医科大卒業医師の派遣先と人数は、隠岐病院と公立邑智病院(邑南町)が4人、町立飯南病院(飯南町)が2人、公立隠岐島前病院(西ノ島町)、浦郷診療所(同)、知夫診療所(知夫村)が各1人。

(2008年3月15日 読売新聞)』

|

« 病院はモノなのか? | トップページ | 大きな視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40510787

この記事へのトラックバック一覧です: 大事にしなければ残らない...:

« 病院はモノなのか? | トップページ | 大きな視点 »