« ミスはあった... | トップページ | ワーキングプア »

2008年3月18日 (火)

騒動...

2008年3月18日 晴れのち雨
なにやら騒動です。

県立病院好生館:館長、今月で辞職 医師2人も 不足、さらに拍車 /佐賀 3月18日18時0分配信 毎日新聞
魚拓

『九州大病院から派遣された外科医6人が引き揚げる異例の事態となっている県立病院好生館(佐賀市水ケ江)で、河野仁志館長(57)が今月で辞職することが17日までに決まった。理由は「一身上の都合」だが、後任人事は現在も白紙。また、緩和ケアセンターの医師と眼科医も1人ずつ退職する。眼科医は補充がなく、医師不足の深刻さに拍車が掛かっている。』

ありゃま...たいへんですな。佐賀県立病院好生館は、時間外手当なしなどで....ちょっと有名になりましたが....。

『九大病院出身の河野館長は2月に辞表を提出、受理された。九大側によると、館長の辞職後も九大からの医師派遣を続ける予定だったが、県が他大出身者を採用する動きを見せたため、異論を唱えたところ、古川康知事から派遣を断る通知があったという。』

そうですか...。いわゆる、大学派閥の狭間に起きた事件でしたか....。

『このため、九大は外科医6人に加え、緩和ケアセンターに派遣していた外科医1人も引き揚げることを決めた。県はいずれも佐賀大から補充する方向で調整しているが、同センターの医師は定員2人のところを1人でやっており、1減体制は変わらない。』

うーむ。外科医の補充はメドがたっているとのことです...。徐々に真綿のように首をしめられてくるかもしれませんね...。

本日、参照させていただいた記事です。

『県立病院好生館:館長、今月で辞職 医師2人も 不足、さらに拍車 /佐賀
3月18日18時0分配信 毎日新聞

 九州大病院から派遣された外科医6人が引き揚げる異例の事態となっている県立病院好生館(佐賀市水ケ江)で、河野仁志館長(57)が今月で辞職することが17日までに決まった。理由は「一身上の都合」だが、後任人事は現在も白紙。また、緩和ケアセンターの医師と眼科医も1人ずつ退職する。眼科医は補充がなく、医師不足の深刻さに拍車が掛かっている。
 九大病院出身の河野館長は2月に辞表を提出、受理された。九大側によると、館長の辞職後も九大からの医師派遣を続ける予定だったが、県が他大出身者を採用する動きを見せたため、異論を唱えたところ、古川康知事から派遣を断る通知があったという。
 このため、九大は外科医6人に加え、緩和ケアセンターに派遣していた外科医1人も引き揚げることを決めた。県はいずれも佐賀大から補充する方向で調整しているが、同センターの医師は定員2人のところを1人でやっており、1減体制は変わらない。【上田泰嗣】

3月18日朝刊

最終更新:3月18日18時0分』

|

« ミスはあった... | トップページ | ワーキングプア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40551478

この記事へのトラックバック一覧です: 騒動...:

» 本の多様 03192008 [つき指の読書日記]
 このところ日本社会には暗い話ばかりが満ちあふれている。新聞やテレビをみても、ありとあらゆる社会問題が、怒りやいきどおりのトーンで切り刻まれている。  ゆとり教育から著しい学力低下、イジメに落ちこぼれ、家庭内暴力、ひきこもりもある。親も子どもも、どこをどこから手をつけてよいやら、誰がわるいのと犯人さがしをしても、つまるところ明確には結論づけられない。  医療もそうである。産婦人科、小児科の医師不足、老人医療、その介護、そして特に夜間だが、緊急医療体制の不備、さらにたび重なる薬害問題、医...... [続きを読む]

受信: 2008年3月19日 (水) 08時13分

« ミスはあった... | トップページ | ワーキングプア »