« メンテナンスのため休載 | トップページ | デング熱 »

2008年3月26日 (水)

産科医緊急派遣...

2008年3月26日 晴れ
派遣元は大変でしょうね...。防衛医科大学校からも派遣されるようです。

産科休止、派遣で解決できるか
魚拓

『「医師を派遣した大学は、いわば“わが身を切る思い”だったことだろう」――。産科を閉鎖せざるを得ない病院に医師を派遣する信州大学などに対し、文部科学省高等教育局の三浦公嗣医学教育課長は感謝の意を表した。産科医の退職などで分娩の取り扱いを休止した施設などに対し、厚生労働省は近隣病院からの医師派遣という“応急処置”で対応する予定だが、「根本的な解決ではない」との批判も根強く残っている。』

緊急処置は緊急処置...根本的な解決につながりません。医療費の削減、医師数の絶対的不足を是正しないかぎり、解決はしないのです。この緊急派遣で、大学の産婦人科が潰れないという保証はないでしょう。

『文科省の三浦課長は「各大学に『産科医を派遣する余裕があるか』という調査を実施したが、地域で最大規模の病院である大学病院でも産科医を派遣する余裕がない状況が分かってきた。医師を派遣した大学は、いわば“わが身を切る思い”だったことだろう。この場を借りてお礼を申し上げたい」と述べた。』

緊急派遣の派遣元となるという決定はどのようにしてなされたのでしょうか?“わが身を切る思い”が、将来の発展につながることを望みます。

『海野委員長はまた、厚労省が各都道府県に勤務医の労働環境の改善を図るように求めた3月21日付の医政局長通知に触れ、次のように述べた。
 「正直申し上げて、これでは短期的には難しい。人がいないからだ。現場の医師に無理にでも働いてもらわなければならない状況だ。そのためには時間外労働の正当な報酬や分娩手当ての支給は必要だということを全国の部会長が述べている。このままでは地域医療が破綻し、緊急派遣が必要となる地域がさらに増えてくることが明白だろう。政府のご対応をお願いしたい」』

この「産婦人科医料提供体制検討委員会」の海野信也委員長のことばが全てを表しているでしょうね....。社会保障費を年間2200億円づつ減らすことを目標とするなんて、いかに馬鹿げた方針でしょう!医療費はこれ以上削ってはいけません。

そして、この緊急派遣が派遣元施設の荒廃をもたらさないように祈るのみです!

本日、参照させていただいた記事です。

『産科休止、派遣で解決できるか
 「医師を派遣した大学は、いわば“わが身を切る思い”だったことだろう」――。産科を閉鎖せざるを得ない病院に医師を派遣する信州大学などに対し、文部科学省高等教育局の三浦公嗣医学教育課長は感謝の意を表した。産科医の退職などで分娩の取り扱いを休止した施設などに対し、厚生労働省は近隣病院からの医師派遣という“応急処置”で対応する予定だが、「根本的な解決ではない」との批判も根強く残っている。

 厚生労働省は3月25日、文部科学・総務・防衛各省との「地域医療に関する関係省庁連絡会議」で、今年1月以降に分娩の取り扱いの休止などを予定している医療機関への対応策として近隣病院からの医師派遣などの対応策を提示し、了承された。

 文科省の三浦課長は「各大学に『産科医を派遣する余裕があるか』という調査を実施したが、地域で最大規模の病院である大学病院でも産科医を派遣する余裕がない状況が分かってきた。医師を派遣した大学は、いわば“わが身を切る思い”だったことだろう。この場を借りてお礼を申し上げたい」と述べた。

 また、福島県の県立南会津病院に医師を派遣する防衛省からは外山千也大臣官房衛生監が出席し、「福島県の南会津郡というのは、香川県の広さに匹敵する山間豪雪地帯だそうだが、そこの唯一の病院なので派遣に協力する」と前置きした上で、次のように述べた。
 「当省の医官は通常と異なり、2年間の初期臨床研修の後に2年間ほど部隊で勤務し、そこで一般診療の経験をしてから専門研修をする。従って、派遣先の病院は産科医官にとって専門研修を行うのにふさわしい病院であれば大変ありがたい」と注文を付けた。

■ 77施設が分娩休止・制限
 厚労省は今年1月、産科医療機関の実態調査を実施し、この日の会議で調査結果を公表した。それによると、1月以降に分娩の取り扱いを休止した医療機関と休止の予定がある医療機関は45施設(病院28、診療所17)、分娩の取り扱いを制限した医療機関と制限予定がある医療機関は32施設(病院19、診療所13)で、計77施設だった。

 これら77施設への対応について、厚労省は70施設を「対応が必要な医療機関」から除外。8施設は「産科医療機関の集約化に伴う休止」で、62施設は「近隣の他の医療機関で対応可能」と結論付けた。

 残る7施設について、厚労省は近隣病院からの医師派遣などで対応することを検討し、5施設について医師確保の見通しが立った。具体的には、福島県の県立南会津病院に防衛省と愛育病院(東京)が後期研修医を派遣し、長野県の伊那中央病院と飯田市立病院には信州大学が派遣、沖縄県の公立久米島病院には県立病院が派遣する予定。群馬県の総合太田病院には慶応義塾大学(東京)が週2回派遣する予定。
 産科医を確保できなかった独立行政法人国立病院機構長野病院(長野県)と藤枝市立総合病院(静岡県)について、厚労省は「文部科学省、防衛省、大学、各県と産科医派遣または近隣医療機関の対応を検討中」としている。

■ 日本産婦人科学会の反応
 同会議に出席した日本産婦人科学会の吉村泰典理事長は「こういった困難な状況にある時に、限られた医師をこのように派遣していただくことも施策の1つではないか。緊急避難的にはこういうことも考えていかなければならない」と理解を示した。

 一方、同学会の「産婦人科医料提供体制検討委員会」の海野信也委員長は1月に実施したアンケート調査の結果を示した。それによると、緊急措置として派遣される場合に産科医が求める条件は、(1)報酬、(2)勤務条件、(3)医療体制、(4)制度上の問題――の4点に集中している。

 このうち、「報酬」について海野信也委員長は「時間外手当の適正な支給など社会常識で考えればごく当然のことが行われていない現場の実態を反映している」と説明した。
 「勤務条件」については、「本来順守されるべき基本的な労働条件が確保されていないことが産婦人科の根本的な問題。現場があまりにも非人間的であり、それが放置されている」と指摘。
 「医療体制」については、「小児、麻酔科の体制が整備されていない状況で産科医だけを派遣しても機能しない」として、この点を特に強調した。

 海野委員長はまた、厚労省が各都道府県に勤務医の労働環境の改善を図るように求めた3月21日付の医政局長通知に触れ、次のように述べた。
 「正直申し上げて、これでは短期的には難しい。人がいないからだ。現場の医師に無理にでも働いてもらわなければならない状況だ。そのためには時間外労働の正当な報酬や分娩手当ての支給は必要だということを全国の部会長が述べている。このままでは地域医療が破綻し、緊急派遣が必要となる地域がさらに増えてくることが明白だろう。政府のご対応をお願いしたい」

更新:2008/03/25 22:21 キャリアブレイン』

|

« メンテナンスのため休載 | トップページ | デング熱 »

コメント

 防衛医大を離れて久しいので、内情は全く判りませんしこの度の経過も結果も知りません。

 しかし使いやすい大学&医者であることは間違いありません。内部では臨床をやりたくてもできない鬱積した気持を抱いた医者がたくさんいます。おまけにどこに派遣しようと派遣先から給料を支給することはありませんから、派遣先病院&自治体にとっては腕が確かなら願ったり叶ったりの存在でしょう。

 実績は舞鶴市民病院で積んでおり、内科医がごそっといなくなった後私の同期が派遣されておりました。同期の中でもたいへん優秀な男だったのできっと重宝したに違いありません。

 ただこれで安易に防衛医大をあてにされても困ります。使命が違うのですから。

投稿: クーデルムーデル | 2008年3月27日 (木) 16時43分

 2稿目です。Yosan先生のブログを読んでから来ました。再び失礼します。

 防衛医大の大学内からの派遣になるのですね。そうすると人手に余裕は全くないはずです。いいように使われただけですね。もし自衛隊医官というくくりで派遣がなされていたなら前稿のとおりと考えてよろしいかと思います。

 少なくとも我々の時代には医療がしたくて外へ飛び出したい気持でいっぱいでしたから。

投稿: クーデルムーデル | 2008年3月27日 (木) 17時14分

こんにちは
クーデルムーデルさま

レスが大変遅れまして申し訳ありません。

防衛医科大学校からの直接派遣ということで、大変だな....という感を強くしております。確かに先生の言われる通り、自衛隊医官全体からの派遣であれば、もう少し余裕はあり、派遣された医官の臨床修練としても有用であると感じます。

現在の状況では、『国の面をたててあげた』という感が拭いきれず、防衛医大内部の士気にも影響するのではないかと....危惧します。

投稿: いなか小児科医 | 2008年3月30日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40645011

この記事へのトラックバック一覧です: 産科医緊急派遣...:

« メンテナンスのため休載 | トップページ | デング熱 »