« 地域医療_最近感じること | トップページ | 都市部でも崩壊... »

2008年2月29日 (金)

こちらでも...

2008年2月29日 晴れのち雨
比較的暖かい一日でした。

こちらでも、小児医療の崩壊が進行しています。

医師不足で小児科夜間救急を中止 鈴鹿中央総合病院 2月29日11時29分配信 中日新聞
魚拓

『【三重県】鈴鹿市内の救急患者を受け入れているJA三重厚生連の「鈴鹿中央総合病院」(同市安塚町)が、夜間の小児科の救急受け入れを中止した。小児科医師不足が原因。同市内では小児専門の二次救急医療機関は同病院しかなく、住民からは「地域医療が心配」との声が上がっている。市は小児科医師を派遣している三重大医学部(津市)と協議するため、日程調整に入った。』

地域の小児医療はギリギリの線まで追いつめられています。医局との話し合いでも恐らく結果はおなじでしょう。

『鈴鹿市によると、病院側から「2月から平日は午後10時半以降、休日は午後5時からの診療ができない」との通知が1月29日、「FAXで突然送られてきた」という。』

うーむ、どうも悪意を感じてしまうのですが...この表現は....。

『同本部によると、鈴鹿中央総合病院の小児科医師が対応したケースは年間70件近くあり、市には「病院まで遠くなり心配」との声が寄せられている。

 同病院は「これまで三重大医学部の医師3人で対応してきたが、24時間態勢では臨床と研究の両立ができないという医局の意向」と説明している。』

24時間体制だと、最低7人の小児科医が必要だと聞いたことがあります。この病院には何人の小児科医がいたのか?ははっきりしません。

研究も医師の仕事の一つです。それが阻害されるのであれば、派遣できないということでも仕方がないでしょう。時間外にどれだけの「本当に救急処置を要する患者さん」が来ていたのか?全体の時間外外来数も見てみたい事例です。

ほとんど、眠れなかったのでは?ないかと....ここでも、人間としての最低限の生活が保障されないから医師は去って行くのでしょうね。

本日参照させていただいた記事です。


医師不足で小児科夜間救急を中止 鈴鹿中央総合病院
2月29日11時29分配信 中日新聞

 【三重県】鈴鹿市内の救急患者を受け入れているJA三重厚生連の「鈴鹿中央総合病院」(同市安塚町)が、夜間の小児科の救急受け入れを中止した。小児科医師不足が原因。同市内では小児専門の二次救急医療機関は同病院しかなく、住民からは「地域医療が心配」との声が上がっている。市は小児科医師を派遣している三重大医学部(津市)と協議するため、日程調整に入った。

 鈴鹿市によると、病院側から「2月から平日は午後10時半以降、休日は午後5時からの診療ができない」との通知が1月29日、「FAXで突然送られてきた」という。

 夜間から翌朝の午前八時半ごろまで、小児の傷病の程度によっては搬送先が国立病院機構「三重病院」(津市大里窪田町)になり「搬送時間がよけいにかかる」(鈴鹿市消防本部)ことになる。

 同本部によると、鈴鹿中央総合病院の小児科医師が対応したケースは年間70件近くあり、市には「病院まで遠くなり心配」との声が寄せられている。

 同病院は「これまで三重大医学部の医師3人で対応してきたが、24時間態勢では臨床と研究の両立ができないという医局の意向」と説明している。

 (酒井直樹)

最終更新:2月29日11時29分』

|

« 地域医療_最近感じること | トップページ | 都市部でも崩壊... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40316884

この記事へのトラックバック一覧です: こちらでも...:

« 地域医療_最近感じること | トップページ | 都市部でも崩壊... »