« 2月18日_不当逮捕の日 | トップページ | 救急車の私的利用... »

2008年2月19日 (火)

空洞化

2008年2月19日 晴れ
寒さは一段落といったところです。

さて、国は現在の医師不足を偏在ではなく、総数で不足しているとの認識を示した所ですが、それは充足している地域はないということを認めたことなのではないか?と考えます。東京などの大都市圏においても、救急医療に関しては医師不足が進行し、まさに空洞化の様相を呈しているとの情報を得たことがあります。

当然、救急車も受け入れ先を、なかなか見つけることができず搬送に時間がかかることになります。その中でおこるのは、こういった出来事です。

15病院が受け入れ拒否 61歳女性、容体急変し死亡 2月19日13時19分配信 産経新聞
魚拓

『東京都小平市の女性(61)が14日、救急搬送中に15病院に受け入れを拒否されて心肺停止状態になり、約3時間半後に死亡していたことが19日、分かった。』

残念な出来事です。東京でも救急医療の空洞化が進行している証左となるでしょう。大都市圏でも、医師不足は進行し、偏在だけでは現状を説明できません。

『東京消防庁などによると、14日午後5時35分ごろ、女性の容体が悪くなったことから、家族が119番通報。8分後に救急車が到着したところ、女性は意識があり、呼吸や脈は安定していた。救急隊員が搬送先を探したが、15病院が「ベッドが満床」「処置が困難」などを理由に受け入れを拒否したという。15病院の中には女性が同日まで検査入院していた小平市の公立昭和病院も含まれていた。』

記事には悪意を感じます。どこの医療機関も当直医は外来患者さんや救急にて手一杯の状態であったのでは?と考えます。なぜなら、私の勤務する「いなかの病院」でも当直時には外来患者さん、救急車の対応でほとんど眠れない状態となることが多いからです。検査入院していた病院の名前をわざわざ記事に記す必要はあったのでしょうか?

『搬送先が決まり、午後7時25分ごろに出発したが、女性の容体が急変。心肺停止状態になったことから、救命対応ができる立川市内の病院に搬送したが、午後9時すぎに死亡したという。

 公立昭和病院は「当直医が重症の入院患者の治療にあたっていたため、受け入れができなかった」としている。』

「当直医は本来、入院患者さんの対応のために当直をするものである。」と聞いたことがあります。しかし、現状では(私の病院でもそうですが....)外来患者さんの対応に追われ、救急車の対応に追われ、病棟の患者さんの急変にも追われというのが真相です。これでは、「当直」ではなく通常の「夜間勤務」と考えなければなりません。もちろん、瀕死の状態の救急患者さんを正当な理由なしに拒むのは、倫理上許されないことと感じますが、病棟で急した患者さんが居て、その対応に追われていたのであれば仕方がないことと考えます。

このように、瀕死の重症患者さんが受け入れられずに亡くなって行くのは....一つには国の無策があると思います。ギリギリの医療費(日本はGDPベースでいうと先進国中ほぼ最低レベルの医療費です。)を更に削るため、医師数の制限を行う。このことにより、先進国中ほぼ最低レベルの人口当たり医師数を日本では達成しています。(皮肉なことですが....)病院勤務の劣悪化から、勤務医は逃散し、地域の救急を支える人間は激減しました。更に、時間外での受診者は減るどころか、増え続け現場はパンクしています。

このような、国によって作られた医療現場のパンクが、重症救急患者の受け入れを拒む素地となっているのです。記事は受け入れを拒んだ施設名を名指しで掲載するなど、医療者に対して悪意をもって書かれています。しかし、この記事を書かれた記者の方はよく考えて下さい....。なぜいま、このような状況が生じたのか?そして、どうすれば良い方向に持って行けるのかを.....。

本日参照させていただいた記事です。

『15病院が受け入れ拒否 61歳女性、容体急変し死亡
2月19日13時19分配信 産経新聞

 東京都小平市の女性(61)が14日、救急搬送中に15病院に受け入れを拒否されて心肺停止状態になり、約3時間半後に死亡していたことが19日、分かった。

 東京消防庁などによると、14日午後5時35分ごろ、女性の容体が悪くなったことから、家族が119番通報。8分後に救急車が到着したところ、女性は意識があり、呼吸や脈は安定していた。救急隊員が搬送先を探したが、15病院が「ベッドが満床」「処置が困難」などを理由に受け入れを拒否したという。15病院の中には女性が同日まで検査入院していた小平市の公立昭和病院も含まれていた。

 搬送先が決まり、午後7時25分ごろに出発したが、女性の容体が急変。心肺停止状態になったことから、救命対応ができる立川市内の病院に搬送したが、午後9時すぎに死亡したという。

 公立昭和病院は「当直医が重症の入院患者の治療にあたっていたため、受け入れができなかった」としている。』

|

« 2月18日_不当逮捕の日 | トップページ | 救急車の私的利用... »

コメント

またしても、救急の受け入れの出来ない状態が発生してしまいました。これだけの状態は、個々の病院の責任で無いことは明らかです。ご指摘のように「医師不足」が原因なのですね。この現状に対し、無策な政府の態度に怒りを感じます。

投稿: ふる | 2008年2月20日 (水) 09時14分

こんばんは
ふる さま

コメントをありがとうございます。
メディアの方々にも、ご理解いただければ嬉しいのですが...

投稿: 管理人 | 2008年2月20日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40186626

この記事へのトラックバック一覧です: 空洞化:

« 2月18日_不当逮捕の日 | トップページ | 救急車の私的利用... »