« 救急車の私的利用... | トップページ | 息の根を止める »

2008年2月20日 (水)

スゴい年俸...

本日、2稿目です。

ちょっと物議を醸しそうな記事です。

3500万円で麻酔科医を募集 市立泉佐野病院 2月20日16時46分配信 産経新聞
魚拓

『大阪府泉佐野市立泉佐野病院が、公立病院では異例の高額となる最高3500万円の年間報酬を条件に麻酔科医3人を募集していることが20日、分かった。』

うーむ...余程の勤務状況なのかな?と....。

『最近の医師不足に加え、現在の常勤麻酔科医4人が3月末で辞職することが確実になっていた。』

何故、一気に辞められるのでしょうか??(素朴なギモンです。)

『病院によると、年間報酬は勤務日数に応じて2500万〜3500万円。経営トップで特別職の病院事業管理者の2倍以上となる。病院の常勤医師は平均1350万円程度という。』

訴訟のリスクや勤務の激しさなどを考え合わせると、相当な額なのかもしれません....。日本ではアメリカ合衆国などに比較して、勤務医の所得はかなり低いといわれております。部長クラスであると(アメリカでは)このぐらいの年俸であるとも聞いたことがあります。

でも、いつぞやの産科医の先生のように....『病院に住んでね』と暗に示される様な事態にならなければいいですが....。

このエントリーで参照させていただいた記事です。

『3500万円で麻酔科医を募集 市立泉佐野病院
2月20日16時46分配信 産経新聞

 大阪府泉佐野市立泉佐野病院が、公立病院では異例の高額となる最高3500万円の年間報酬を条件に麻酔科医3人を募集していることが20日、分かった。

 最近の医師不足に加え、現在の常勤麻酔科医4人が3月末で辞職することが確実になっていた。

 病院は「救急対応を含む手術には麻酔科医は不可欠。拠点病院としての機能を維持したい」と説明している。

 病院によると、年間報酬は勤務日数に応じて2500万〜3500万円。経営トップで特別職の病院事業管理者の2倍以上となる。病院の常勤医師は平均1350万円程度という。』

|

« 救急車の私的利用... | トップページ | 息の根を止める »

コメント

>訴訟のリスクや勤務の激しさなどを考え合わせると、相当な額
 35,000万出さないと来てくれないほど、厳しい勤務なのでしょうね。でも、お金で済む問題でも無いような気がします。

投稿: ふる | 2008年2月21日 (木) 09時42分

お役所は、高給を提示すればするほど、怪しい職場であり、「引いてしまう」ご時世であるという機微がお分かりになっていないようですね。
医師だけではなく、今の日本人は金よりも時間、自由度がほしい人が増えたのではないでしょうか。『もはや戦後ではない』時代から、『もはや頑張らない』時代にあることをご存じないのか?

必要なことは、適当な給与かつ続く緊張をほぐせる、まっとうな休日を保証することでしょう。その部分を誠意を持った文章で表現し実行する体制でなければ、医師は来ません。尾鷲で実証されたことがわからないらしいですね。

投稿: 雪の夜道 | 2008年2月21日 (木) 15時28分

ふる さま
こんばんは

>お金で済む問題でも無いような気がします。

まさにその通りで、『お金で買えばいい』という日本人の悪しき感覚が伺えます。4人の麻酔科医が同時にこの病院を辞めるということは、その勤務状況に相当な無理があるのでしょう....。

投稿: 管理人 | 2008年2月21日 (木) 21時43分

雪の夜道さま

こんばんは

私の表現したかったことをすべてコメントしてくれました。ありがとうございます。

3500万...ホント、下衆な話ですね...。

投稿: 管理人 | 2008年2月21日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40200262

この記事へのトラックバック一覧です: スゴい年俸...:

« 救急車の私的利用... | トップページ | 息の根を止める »