« 小児科時間外診療について思う | トップページ | 医師は総数で不足している »

2008年2月12日 (火)

割り箸事故の民事訴訟

2008年2月12日 晴れのち雪
粉雪が舞っています。積もる様な雪ではありません。

1999年に割り箸を口にくわえて転倒し、残念なことに亡くなられた幼児の事故の民事訴訟判決です。
診察医師の過失認めず、遺族の請求棄却=男児割りばし死亡事故−東京地裁 2月12日15時31分配信 時事通信

『東京都杉並区で1999年、杉野隼三ちゃん=当時(4つ)=が割りばしをのどに刺し死亡した事故で、医師が適切な治療を怠ったとして、父の正雄さん(56)らが病院を経営する学校法人杏林学園(三鷹市)と医師に総額約8900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。加藤謙一裁判長は「頭蓋(ずがい)内損傷を予見することが可能だったとはいえない」として、遺族の訴えを棄却した。遺族側は控訴する方針。』

咽頭部穿通性外傷は非常に怖い外傷です。咽頭部の裏には脳髄があり、その隔壁は非常に薄いのです。本例は、レトロスペクティブにみて頭蓋内に割り箸が穿通してあったのをCTで確認したとしても、救命できなかった症例であるとされているようです。もちろん、救命できるものであれば予見する必要はあると考えますが...。事故を予防するという観点も必要ではないかと感じます。

『棒や箸などの長いものを口にくわえる習慣を子供に付けさせてはいけません。』

事故予防の教育のときに我々小児科医は口を酸っぱくして言い続けています。

そして、幼児の死亡原因において最多なのは『不慮の事故』です。転倒や転落、窒息などの原因を除去しましょう。

この御両親の辛い気持ちが訴訟という手段以外で癒えますように...。願っています!

本日、参照させていただいた記事です。

『診察医師の過失認めず、遺族の請求棄却=男児割りばし死亡事故−東京地裁 2月12日15時31分配信 時事通信

 東京都杉並区で1999年、杉野隼三ちゃん=当時(4つ)=が割りばしをのどに刺し死亡した事故で、医師が適切な治療を怠ったとして、父の正雄さん(56)らが病院を経営する学校法人杏林学園(三鷹市)と医師に総額約8900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。加藤謙一裁判長は「頭蓋(ずがい)内損傷を予見することが可能だったとはいえない」として、遺族の訴えを棄却した。遺族側は控訴する方針。
 杏林大付属病院で担当医だった根本英樹被告(39)は業務上過失致死罪で起訴され、一審は過失を認定したが、死亡との因果関係を否定し、無罪とした。民事訴訟では過失も認めず、遺族にとってはより厳しい判決となった。
 加藤裁判長は、過去に同様の例が報告されたことはなかったとした上で、事故時に大量の出血もなく、医師は隼三ちゃん本人が割りばしを抜いたと知らされていたなどと指摘。「割りばしが頭蓋内に入った可能性を考える必要があったとまではいえない」と述べた。 
最終更新:2月12日18時0分』

|

« 小児科時間外診療について思う | トップページ | 医師は総数で不足している »

コメント

元を正せば保護者の不注意が原因であって,責められるとすればその点ではないでしょうか。4歳の子供が自分で綿菓子を買うことも考えにくいし,買い与えて動きながら食べることを黙認した無責任な保護者がいたという構図が浮かびます。私が子供の頃,買ったものを食べながら歩いたりするとひどく叱られたものですよ。割り箸を持って歩くなんてとんでもないですね。それを医者のせいにして損害賠償では責任転嫁もいいところ。「たらいまわし」というけれど,こんなことがまかり通る世の中だからなくなりません。救急救命の現場で人が寝ている時間に働いてがんばって,結果が不本意な結果だからと罪人扱いでは医者も救急隊員も浮かぶ瀬もなし。

投稿: 救急隊員 | 2008年2月14日 (木) 20時57分

こんばんは
救急隊員さま

コメントをありがとうございました。

私の願いはエントリーにもお示しした通り、この児の御両親のココロの傷が癒えることです。ただ、仮に訴訟に勝訴なさっても、お金を手にされても、ココロの傷は癒えないのでは?と感じています。

このような例での、心理的フォローを行うような機関が必要と感じます。そして、それができればこのような双方に対して辛い出来事は少なくなるのではないか?と感じます。

投稿: 管理人 | 2008年2月14日 (木) 23時37分

おそらくこの母親の潜在意識は、自分が加害者であることを知っているのだと思います。だからこそ本を書いたり、訴訟を起こしたりするのでしょう。

話は変わりますが、この事故以前に、割り箸が頭蓋内にはいるという可能性を考えた医師って居るのでしょうか。少なくとも、私には思いも寄らなかった。

投稿: bamboo | 2008年2月15日 (金) 06時16分

こんばんは
bambooさま

お久しぶりです。

>この事故以前に、割り箸が頭蓋内にはいるという可能性を考えた医師って居るのでしょうか。

恐らく、報告例はなかったのでしょうね...。ただ、私が研修医であったころ指導医からは咽頭部穿通性外傷は非常にコワいからキチンと診るように...という指導を受けてました。

投稿: 管理人 | 2008年2月17日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40104403

この記事へのトラックバック一覧です: 割り箸事故の民事訴訟:

» 割りばし死亡事故の民事訴訟判決 [時評親爺]
12日付エキサイトニュース・毎日配信が報じているが、99年に「のどに割りばしが刺さって死亡した杉野隼三(しゅんぞう)君(当時4歳)の両親が、杏林大付属病院(三鷹市)を開設する学校法人杏林学園と担当医に8960万円の賠償を求めた訴訟」の判決が東京地裁であり、遺族らの請求が棄却されたとのことである。記事に依るとその(主たる)理由としては、「割りばしが刺さったことによる脳損傷を予見することは不可能だった」と言うことらしい。これに先立って、診察に当たった医師は刑事立件されており(在宅起訴)、前掲毎日では「担... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水) 11時17分

» ちょっと尋ねてみたい・・・これって、親の過失なのではないか?? [神戸っ子の“目指せ!道楽の達人”]
時事ネタは、あまりテーマにしないのですが、たまたま今朝、CX系の報道バラエティ( [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 02時17分

» あれから9年 [かきなぐりプレス]
割り箸事件が起こったのは99年だという。判決以上に、もう9年の歳月が流れていたことに驚いた。 つい4~5年前のような気がしたのだが。 99年といえば、コンピュータの2000年問題で、全世界がパニックになりかけた年だ。 結局、コンピュータが暴走することもなく、平穏無事な新年を迎えることとなる。 そんな年に割り箸事件は起こった。 綿菓子の割り箸が、こけた拍子に喉から突き刺さり、頭蓋骨に達していた。 病院で割り箸が刺さっていたのを見抜けなかった、として医者に対して民事で... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 20時00分

» 割ばしがキズつけたのは脳かハートか [出もの腫れもの処嫌わず]
 例の割ばし事件の民事訴訟についちゃ、もうあっちこっちのブログに書かれちゃってるんですっかり出遅れてるけど、テレビに張りついてのメディアウオッチャーも何とか一段落したみたいなんで、ぼちぼち行きまひょか。なんせ判決の日の夕方から、ニュースの時間になればコントローラーを握りしめて数十秒おきにチャンネル変えてチェック。将軍様の部屋にはモニターがずらりと並んでるなんて聞くと羨ましいったらないぜ。ま、べっつに仕事じゃないんだからやんなくたっていいんですけどね。  この事件についちゃーウチのブログでもさんざ... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 13時43分

« 小児科時間外診療について思う | トップページ | 医師は総数で不足している »