« NHK番組のお知らせ | トップページ | インシデント »

2008年2月14日 (木)

番組を観ました

本日2稿目です。

NHKの『医師を追い込むコンビニ受診・小児科が危ない』を観ました。前半の苫小牧市立病院の悲惨な当直....。あれだけ、重症が多いとストレスだろうな...。とつくづく感じました。

後半の、兵庫県立柏原病院の小児科の例は、産科併設で新生児を診る必要がある状況で、夜眠れない状態が続いていたと...よく4年間も辞職せずに続けられたな...。という思いです。

『子供を守ろう、小児科医を守ろう』というスローガンは日本において希有なものでした...今後、このような気持ちになっていただける親御さんが増えることをのぞみます。

私も、相当疲れていますが...時折、『先生ありがと...』と子供や親御さんから声をかけられて、再び「もういっちょ頑張るか!」という気持ちになっています。そのような、エネルギーをくれる方々に感謝!

番組の中で司会と対談している伊関先生は、私どもの主催している講演会に是非とも来ていただきたいと願う先生の一人であります。現在、日本の医療現場がおかれている状況を適確に表現されていました。

久しぶりにテレビ番組を観た一日でした。

追記です。伊関先生のブログの関連エントリーはココです。

もう一つ追記。県立柏原病院の小児科を守る会:公式HPはココです。

さらに追記です。伊関先生のお名前が誤変換されていました。謹んで、訂正させていただきます。

|

« NHK番組のお知らせ | トップページ | インシデント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/40124748

この記事へのトラックバック一覧です: 番組を観ました:

« NHK番組のお知らせ | トップページ | インシデント »