« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月

2007年5月14日 (月)

生命というもの

2007年5月14日 晴れ

少し感傷的となっています。医療というものは不完全ですね...。我々、医師が人間である限り、生命を完全とすることはできない。これは真実です。

自分の目の前で生命が失われていく。特に、それが急速な経過である場合、遺族と同様に我々医師も本当に辛い。何が悪かったのか?どうすれば救命できたのか?レトロスペクティブにおもいをめぐらせます。答えの出ないことがほとんどです。それでも、それを糧にして次に同じような患者さんに出会った場合、「こうした方がいいだろう」と自分なりに答えを出そうと努力します。

辛い仕事です。しかし、その辛い部分と引き換えに自分の適切な判断、処置で患者さんを救命することができたときには本当に嬉しい。そして、それが医師を続ける唯一のエネルギーとなっているのかもしれません。

生命は永遠ではない。医療は不完全である。そして、医師はそのような辛い経験からも将来に寄与する情報を得ようともがく。

ちょっと、疲労がたまっています。今日はここまでで...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »