« 民事と刑事のあいだのねじれ | トップページ | 生きる権利 »

2007年3月 4日 (日)

不思議な記事...

2007年3月4日 晴れ
医療は非常に専門性の高い領域であると考えます。そして、時に医療者からみると、不思議で仕方のない報道がなされ、めぐりめぐって医療者を傷つけることがあります。今回の事件の真相は知るべくもありませんが...余りに基本的な理解の部分で重大な問題がありますので、指摘させていただきます。

『肺がんの男性が死亡したのは益田赤十字病院(益田市)が経過観察を怠ったためなどとして、県西部に住む男性の家族らが28日までに、同病院を運営する日本赤十字社(東京都)を相手取り、慰謝料など約1億円を求める訴訟を松江地裁に起こした。』

まずは、亡くなられた患者さんと御遺族の方々にお悔やみを申し上げます。
記事の中で欠失している重要な情報は、「おいくつの方だったのか」、「経過観察を怠ったという具体的な証拠」です。

『訴状によると、男性は96年1月に益田赤十字病院で右肺にこぶが発見されたが、精密検査などはされず、04年10月に同病院で末期の肺がんにかかっていることが判明した。』

「こぶ」とは何でしょう??腫瘤のことでしょうか??「精密検査などはされず」というのもどういう状況であったのか?そして、肺がんで約9年間も無治療で生存されているというのは??余程、増殖のスピードの遅いガンであったのか?「右肺のこぶ」が原発ではない可能性は考えられないのか?などと思いめぐらせます。

『男性は抗がん剤治療を受けたが05年2月、副作用であるがん性胸膜炎などで死亡した。』

通常、副作用という言葉は薬剤により生じた望ましくない作用という意味で用いると認識しています。この場合、
『男性は抗がん剤治療を受けたが05年2月、副作用合併症であるがん性胸膜炎などで死亡した。』と用いるのであれば理解することはできます。「医者が使った薬が悪いんだ」といいたいのが伝わってきますが...これでは文章を理解することもできません。

『男性の死因となった肺がんは96年1月に発見されたこぶと一致していた。』

恐らく、亡くなられた時には全身に転移していたのでは?「こぶ」が原発であったかどうかはこの記事からは読み取れません....。

この記事では情報が不足しており、そして明らかな言葉の誤りがあります。そして、この記事を読んだ読者の方々には「なんて酷い医者なんだ!」という気持ちを起こさせるに充分な作用がありそうです。

本日参照させていただいた記事です。

『医療過誤:死亡男性の遺族ら、益田赤十字病院を提訴 /島根

 肺がんの男性が死亡したのは益田赤十字病院(益田市)が経過観察を怠ったためなどとして、県西部に住む男性の家族らが28日までに、同病院を運営する日本赤十字社(東京都)を相手取り、慰謝料など約1億円を求める訴訟を松江地裁に起こした。

 訴状によると、男性は96年1月に益田赤十字病院で右肺にこぶが発見されたが、精密検査などはされず、04年10月に同病院で末期の肺がんにかかっていることが判明した。男性は抗がん剤治療を受けたが05年2月、副作用であるがん性胸膜炎などで死亡した。男性の死因となった肺がんは96年1月に発見されたこぶと一致していた。

 男性の家族は、病院が右肺のこぶの精密検査などを怠り、がんの発見と治療義務に反したなどと主張している。これに対し、同病院は「訴状をよく分析しておらず、コメントできない」としている。』

|

« 民事と刑事のあいだのねじれ | トップページ | 生きる権利 »

コメント

こんばんは
いつも読ませていただいていますが、コメントは初めての地方の医療崩壊を身にしみて感じているNsです。私は呼吸器内科に勤めていますが、患者さんがよく勘違いしておっしゃるのは「外来通院していたのにどうして再発するの?先生見ててくれなかったの?」ということです。私は「先生はちゃんと見ていたから、外来通院していたから早く再発が見つかったんだよ・・・」と答えますが、通院してさえいれば再発しないと考えている方が多すぎると感じています。

投稿: My | 2007年3月 5日 (月) 03時46分

こんばんは
Myさま

コメントありがとうございます。また、返事が遅れまして申し訳ありません。

>私は「先生はちゃんと見ていたから、外来通院していたから早く再発が見つかったんだよ・・・」と答えますが、通院してさえいれば再発しないと考えている方が多すぎると感じています。

医療者は我々のチカラではどうしようもない事実と戦っている様なものですね。どうしようもない事象に対して、何とかしようと努力を続ける。そして、苦しい経験から得られた対策で、少しづつ少しづつ医療の限界を引きあげてきました。一般の方々には理解しがたいものかもしれませんが...医療には限界がある。そして、再発も医療の限界なのだと...。対策は早期発見し、次の手を打つということでしょうね...。少しづつでも、一般の方々に浸透して行けばよいのですが....

投稿: 管理人 | 2007年3月 7日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/14131795

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な記事...:

« 民事と刑事のあいだのねじれ | トップページ | 生きる権利 »