« 中原先生の過労死認定 | トップページ | 人間は手紙ではない »

2007年3月20日 (火)

死を選択する権利...

2007年3月20日 晴れ
我が国では、救命のために装着された人工呼吸器を外すことは、それを外したものに殺人罪として立件されるリスクを背負わせることになります。そして、世界をみわたすと、一部の国では「尊厳死」が認められているようです。「尊厳死」については、国内でもこれまでも議論されてはきているようですが、容認するグループと、絶対に容認できないグループがあり、なかなか一定した落としどころがないといった様相です。

さて、ALS: Amyotrophic lateral sclerosis, 筋萎縮性側索硬化症は筋肉を動かす指令を送る運動ニューロンという脊髄に分布する神経細胞が徐々に死滅し、自分の意志で筋肉を動かすことができなくなる病気です。発症や進行の仕方により病型が分かれますが、典型的には下肢より筋力低下が進行し、最終的には呼吸筋がおかされ人工呼吸がないと生命を維持できない状態となります。その一方で、知能や、精神、感覚に関しては、脳自体がおかされるわけではないので、最後まで維持され患者さんに大きな苦痛を与えます。
眼筋を含めた全随意筋が麻痺する状態を全随意筋麻痺(totally locked-in state = TLS)とも呼ばれていますが、まさしく死よりも辛い状態ではないのか?と感じます。

共同通信の記事

『2001年秋、神経内科外来の一室。中村久志(なかむら・ひさし)さん(仮名)は、病気が進行し、ほとんど動かせなくなった大柄な体をベッドに横たえ、思い詰めた顔で荻野医師に切り出した。首にあけた穴から人工呼吸器のチューブが伸びていた。
 「今からでも呼吸器を外したい」
 バス運転手だった久志さんを異変が襲ったのは前年、36歳の時。息苦しさが募り、別の大学病院で01年春に筋委縮性側索硬化症(ALS)と診断され、すぐに呼吸器をつけた。「つければ生きられる」と説明されたからだ。』

ALSは患者さんにも、そして、それを診療する医療者にも残酷な選択を突きつけます。人工呼吸を行うか?それとも死を選択するか?生命をながらえたとしても、徐々に進行する麻痺は、患者さんを脳の中に閉じ込めてしまうこともあります。

『荻野医師は何度も言い聞かせた。不自由な体でも前向きに生きる患者はたくさんいること。呼吸器を外せば外した人が殺人罪に問われかねないこと。「病気を嘆くより、生きることを考えよう」
 自宅で泰子さんの介護を受け、3カ月おきにショートステイ(短期入院)する生活が落ち着くと、久志さんは気力を取り戻した。パソコンを口で操作して友人とメールを交換。泰子さんらと温泉旅行にも行った。
 しかし、04年春には指も口もまったく動かなくなり、パソコンの楽しみも奪われた。「死にたい。呼吸器を外して」。残された目の動きで文字盤の文字を示し、再び訴えるようになった。』

現在では、自宅でもある程度までは管理できるようになってきています。しかし、時間ごとの吸引や、体位変換、その他諸々...介護力は必要です。パソコンはある程度までは使える様です。

『しかし、04年春には指も口もまったく動かなくなり、パソコンの楽しみも奪われた。「死にたい。呼吸器を外して」。残された目の動きで文字盤の文字を示し、再び訴えるようになった。
 泰子さんは診察のたび、荻野医師に手紙を渡した。「『おふくろ、もう限界だよ』と涙をぽろぽろ流します。私が連れていくしかないのでしょうか」。文面は深刻さを増していた。』

徐々に進行する病態。知能や感覚は保たれるだけに、辛いと思います。周りの方々も苦しい。特に介護する方は辛い...と思います。

『8月26日夜。泰子さんは自宅で久志さんの呼吸器を止め、包丁で自分の手首を切った。翌朝、荻野医師の携帯電話が鳴った。当直医からの緊急連絡。「久志さんが亡くなりました」
 「何で!」。全身の力が抜けた。自分にも3人の娘がいる。母が子の命を絶つなんて。「お母さんにやらせてしまった」。一命を取り留めた泰子さんは7日後、殺人容疑で逮捕された。』

日本には「尊厳死」という概念が法律上ありません。このような、治療法もない徐々に進行して閉じ込められてしまう疾患で、本人が「死」を希望しても、それを幇助するのは「殺人罪」としてのリスクを負うことになります。人工呼吸器で生きている患者さんは、まぎれもなく生きています。でも、その生命の質が非常に劣悪で堪え難いものであったならばどうでしょうか?

本日参照させていただいた記事です。

『間に合わなかった。もっと早く話していれば...。北里大東病院(神奈川県相模原市)の荻野美恵子(おぎの・みえこ)医師(46)は、あの事件の前に、彼に伝えたかった言葉がある。

 *   *   * 

 2001年秋、神経内科外来の一室。中村久志(なかむら・ひさし)さん(仮名)は、病気が進行し、ほとんど動かせなくなった大柄な体をベッドに横たえ、思い詰めた顔で荻野医師に切り出した。首にあけた穴から人工呼吸器のチューブが伸びていた。

 「今からでも呼吸器を外したい」

 バス運転手だった久志さんを異変が襲ったのは前年、36歳の時。息苦しさが募り、別の大学病院で01年春に筋委縮性側索硬化症(ALS)と診断され、すぐに呼吸器をつけた。「つければ生きられる」と説明されたからだ。

 ALSは全身の筋肉が動かなくなる難病だ。機械で呼吸はできても、いずれは目の動きまで止まり、意思疎通もできなくなるかもしれない。

 初対面の荻野医師に、久志さんは前の病院への不満や病気の恐怖を訴えた。ほおを伝う涙を、手足を動かせない息子に代わり母の泰子(やすこ)さん(62)=仮名=がぬぐった。

 荻野医師は何度も言い聞かせた。不自由な体でも前向きに生きる患者はたくさんいること。呼吸器を外せば外した人が殺人罪に問われかねないこと。「病気を嘆くより、生きることを考えよう」

 自宅で泰子さんの介護を受け、3カ月おきにショートステイ(短期入院)する生活が落ち着くと、久志さんは気力を取り戻した。パソコンを口で操作して友人とメールを交換。泰子さんらと温泉旅行にも行った。

 しかし、04年春には指も口もまったく動かなくなり、パソコンの楽しみも奪われた。「死にたい。呼吸器を外して」。残された目の動きで文字盤の文字を示し、再び訴えるようになった。

 泰子さんは診察のたび、荻野医師に手紙を渡した。「『おふくろ、もう限界だよ』と涙をぽろぽろ流します。私が連れていくしかないのでしょうか」。文面は深刻さを増していた。

 荻野医師は2人を励ます一方、胸の中である考えを温めていた。患者は呼吸器をつけるかどうか選択できても、外す選択はできない。だが「治療の自己決定権」を根拠に、彼が主治医の私に取り外しを求める訴訟を起こしてはどうか—。

 次の入院を9月1日に控えた8月半ば。荻野医師は「入院したらゆっくり話そう」と久志さんに声を掛けた。裁判になれば病院を去ることになるかも。それでも、一緒に頑張ろうと決めた。

 8月26日夜。泰子さんは自宅で久志さんの呼吸器を止め、包丁で自分の手首を切った。翌朝、荻野医師の携帯電話が鳴った。当直医からの緊急連絡。「久志さんが亡くなりました」

 「何で!」。全身の力が抜けた。自分にも3人の娘がいる。母が子の命を絶つなんて。「お母さんにやらせてしまった」。一命を取り留めた泰子さんは7日後、殺人容疑で逮捕された。

 *   *   * 

 人工呼吸器をつけて命をつなぐか、遠くない死を選ぶか-。家族の重い介護負担を案じ、呼吸器をつけないALS患者は多い。全身の機能を奪われる絶望に、一度つけた呼吸器を外してほしいと訴える人も。日本での装着率は約2割。厳しい選択を迫られる患者たちの声に耳を傾けた。

▽筋委縮性側索硬化症

 筋委縮性側索硬化症(ALS) 厚生労働省指定の難病。感覚や知能ははっきりしたまま、全身の筋肉が徐々に動かなくなる。進行すると食事や呼吸もできなくなる。原因不明で有効な治療法はないが、人工呼吸器をつければ延命が可能。患者は全国で約7300人。』

|

« 中原先生の過労死認定 | トップページ | 人間は手紙ではない »

コメント

 ALSの患者さんは担当した事がありませんが、難病で進行性のShy-Drager syndromeの患者さんで同じような思いをしたことがあります。自分で動く事が出来ず、死にたいとよく話していたその男性は、自宅で自ら死を選びました。手も口も動かせず、死を選択する事もできない・・・しかも治る見込みもないとしたら残るものは何でしょうか。

 せめてよりよき死を迎える権利はあってもよいのではないでしょうか。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月21日 (水) 17時16分

こんばんは
クーデルムーデルさま

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

>手も口も動かせず、死を選択する事もできない・・・しかも治る見込みもないとしたら残るものは何でしょうか。
せめてよりよき死を迎える権利はあってもよいのではないでしょうか。

おっしゃるとおりですね。現状の日本では、こういう願いを叶えてあげることができません。人工呼吸器を外すことなどで幇助すれば、殺人罪で立件されるリスクを負うことになります。

このような議論が進み、人々が啓蒙されていくのを望みます。

投稿: 管理人 | 2007年3月22日 (木) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/14330450

この記事へのトラックバック一覧です: 死を選択する権利...:

« 中原先生の過労死認定 | トップページ | 人間は手紙ではない »