« 不思議な記事... | トップページ | 気管支攣縮と食道挿管 »

2007年3月 9日 (金)

生きる権利

2007年3月9日 晴れ
晴れて風が強い日は、杉の花粉が舞う様です。小児でも杉、檜の花粉に対するアレルギーは増加傾向で、発症年齢はより低くなってきているように感じます。

さて、どうしてもマスコミの方々は「こうのとりのゆりかご」という正式名称のついた「遺棄された赤ちゃんを保護する施設」のことを、まるで人間をモノとしかとらえていない様な「赤ちゃんポスト」という猥雑な名前で呼ぼうとする様です。このネーミングがどれだけの読者を感情の上でミスリードしているのか?わかりません....

記事は毎日新聞から....

『自民党の竹原孝昭議員は「市民の間にも賛否両論ある。全国レベルの問題なのになぜ(結論を)急ぐのか。総理大臣まで慎重に扱ってほしいと言っている」などと保健福祉局に質問。同局が「(許可すると)決定して厚生労働省へ行ったわけではない」などと説明した。竹原議員は「命の尊厳という良い面もあれば悪い面もある。匿名で預けられるのであれば、育児放棄につながるかもしれない」などの懸念も示した。』

総理がそういうふうに仰ったことで、方針を変える必要はないと思います。そして、慎重に議論しているんですよね、熊本市議会は...。「命の尊厳という良い面もあれば悪い面もある。匿名で預けられるのであれば、育児放棄につながるかもしれない」...この竹原議員には、(こんなことできるわけはありませんが...)一度、生まれたてホヤホヤの赤ちゃんに戻っていただいて、寒い夜、お外に遺棄されてみて下さいと言いたいです。以前のエントリーでも申し上げましたが、特に新生児は体温を保持する能力が弱く、容易に環境温に体温が左右されます。特に寒い夜、屋外に遺棄された場合は、低体温のため命を落とすこともあるのです。自分で動くこともできない赤ちゃんは、その場合、死を待つだけです。
赤ちゃんにも生きる権利があります。それを最低限で保証しようというのが、この「こうのとりのゆりかご」ではないのでしょうか?育児放棄云々言っているうちに、失われる命もあるのですよ...。

『共産党の益田牧子議員も公的相談窓口の必要性を訴え「授かった命が良い環境で育つことを検討してほしい。善意を行政が応援してほしい」と続けた。』

まったく、その通りの意見であると感じます。赤ちゃんが命を拾った後のことを考えることが一番大切なことです。

本日参照させていただいた記事です。

『赤ちゃんポスト:熊本市議会委、委員からも賛否両論 育児放棄に/有効な手段 /熊本

 熊本市島崎の慈恵病院(蓮田太二理事長)が設置を検討している「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」について、7日の市議会保健福祉委員会で、委員からも賛否両論が飛び出した。

 自民党の竹原孝昭議員は「市民の間にも賛否両論ある。全国レベルの問題なのになぜ(結論を)急ぐのか。総理大臣まで慎重に扱ってほしいと言っている」などと保健福祉局に質問。同局が「(許可すると)決定して厚生労働省へ行ったわけではない」などと説明した。竹原議員は「命の尊厳という良い面もあれば悪い面もある。匿名で預けられるのであれば、育児放棄につながるかもしれない」などの懸念も示した。

 一方、民主・社民党系議員で作る市民連合の東美千子議員は「(赤ちゃんを)入れるのが目的ではなく、相談してもらうことが目的」と発言。ポストがある諸外国でも利用者は少ないことに触れ、「相談窓口ができたと思えば有効な手段だ」と話した。共産党の益田牧子議員も公的相談窓口の必要性を訴え「授かった命が良い環境で育つことを検討してほしい。善意を行政が応援してほしい」と続けた。

 市は厚生労働省に容認の方向性を、病院側には課題点の回答を、それぞれ文書で示すよう要請している。双方から文書を得た後、設置申請を許可するかどうかを総合的に判断するとしている。』

|

« 不思議な記事... | トップページ | 気管支攣縮と食道挿管 »

コメント

大阪府のアパートでトイレの汚物槽から新生児の遺体が見つかる事件がありました。
自宅アパートのトイレで男の赤ちゃんを産み落としたそうです。
母親は「1ヵ月前にお腹が痛くなり、トイレに行ったら子どもが落ちてしまった」と話しているそうです。

本当に事故で落としてしまったのでしょうか・・・
それでも、なんとも言えない、悲しい事件だと思いました。

投稿: はなさん | 2007年3月10日 (土) 00時40分

はなさん さま
こんにちは

コメントをありがとうございます。また、レスが遅れまして申し訳ありません。

>大阪府のアパートでトイレの汚物槽から新生児の遺体が見つかる事件がありました。
自宅アパートのトイレで男の赤ちゃんを産み落としたそうです。
母親は「1ヵ月前にお腹が痛くなり、トイレに行ったら子どもが落ちてしまった」と話しているそうです。

本当に痛ましい事件ですね...。墜落分娩は非常に危険な分娩です。直ぐに処置をしても新生児は助からないことも多いと思います。ただ、墜落分娩後、1ヶ月もそのまま放置されていた...というのはどういうことでしょうか?何らかの事情があったとしか考えられません....。

赤ちゃんにも生きる権利がある。この赤ちゃんにはその生存権は与えられなかったのでしょうね...。「こうのとりのゆりかご」がそのような赤ちゃんに対する福音となればいいのですが...。

投稿: 管理人 | 2007年3月11日 (日) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/14205445

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる権利:

« 不思議な記事... | トップページ | 気管支攣縮と食道挿管 »