« 立派な行い | トップページ | 2月18日という日 »

2007年2月15日 (木)

通達と現状との乖離

2007年2月15日 晴れ
暖かくなってきました。しかし、インフルエンザは徐々に流行し始めました。

さて、神奈川県の堀病院を舞台に繰り広げられた「無資格助産事件」。その幕切れはあっけなかったものでした。
拙ブログ:理想と現実のはざま

しかし、予想されたことではありましたが...厚生労働省からはまだくすぶった意見が出されます。日本の周産期領域の現状を見ようともしない官僚の意見は現場にはどのように響くでしょうか?

某掲示板からの記事。

『病院(横浜市)の無資格助産事件で、横浜地検が院長らを起訴猶予処分としたことについて、辻哲夫(つじ・てつお)厚生労働事務次官は1日の定例会見で「医師の指示があっても、看護師などが内診を行うのは違法という見解に変わりはない」と述べた。』

この辻サンには市中の産婦人科診療所で数日間寝泊まりしていただきたいと切望します。現状がどのようなものか?助産師さんが確保できるのか?霞ヶ関に閉じこもっておられずに現場を見て下さい!と言いたいですね。日本の周産期を潰すも、生かすも、あなたの一言が大きな影響を与えますよ.....メンツを保とうとする場面ではありませんよ!

『その上で、辻次官は「医師と助産師の協力関係がより円滑となるような環境整備が必要だ」と指摘。助産師の数を増やすために、定時制の助産師の養成過程を設ける考えを示した。』

助産師さんを増やすために、定時制の助産師養成過程を設けても増えないと思いますね...助産師さん...。今の現場にはそんなことをする余裕のある看護師さんはいないと考えます。ホント、市中の産科診療所で数日間寝泊まりして下さい....。

本日参照させていただいた記事です。

『病院(横浜市)の無資格助産事件で、横浜地検が院長らを起訴猶予処分としたことについて、辻哲夫(つじ・てつお)厚生労働事務次官は1日の定例会見で「医師の指示があっても、看護師などが内診を行うのは違法という見解に変わりはない」と述べた。

 その上で、辻次官は「医師と助産師の協力関係がより円滑となるような環境整備が必要だ」と指摘。助産師の数を増やすために、定時制の助産師の養成過程を設ける考えを示した。』

|

« 立派な行い | トップページ | 2月18日という日 »

コメント

 本当に考えれば考えるほど、打つ手があるようで、ない。悲しくなるが、日本人が自らそれでいいと自らプライドのレベルを下げてしまったのだからどうしようもない。昭和のいつからか、あるいはそれ以前かは意見も分かれよう。身勝手になった時代の申し子達(団塊世代以前から始まる)が気付かない以上、医療崩壊已む無し派に傾きつつあります。
 危ないのは小児科とか産科とかだけではないので、もはや医療だけではなく、なにが大切かという問題かと。その辺から政府含め多くは、浅薄。無力感だけの内容ですみません。もっと建設的になりたいのですが、日々の臨床で手一杯で、ネット医師の連携も期待しつつ考えて行きたいと思います。

投稿: | 2007年2月15日 (木) 22時53分

悪戯というか嫌がらせというか…
辻哲夫(つじ・てつお)厚生労働事務次官に懺悔のメール送ったりして(笑)

「私は本日○人の内診を命じてしまいました…ごめんなさい」という感じで。

内容証明郵便で送ると効き目有りそうな気がしないでもない。
公務員って個人特定で指弾されるの凄く嫌いみたいだし。
いや厚労省の担当者に現状を訴えるのだからなんら後ろめたい事は無いと思います~

投稿: 与源太 | 2007年2月17日 (土) 03時36分

与源太 さま
コメントありがとうございます。

>「私は本日○人の内診を命じてしまいました…ごめんなさい」という感じで。

こいつは面白いですね....。ただ、内容証明で送ると、もれなく捜査対象となってしまうかも...という危惧はあります。

投稿: 管理人 | 2007年2月17日 (土) 23時18分

>内容証明で送ると、もれなく捜査対象となってしまうかも...という危惧はあります。

危惧といっても現状で発覚すれば違法と断罪されるのですからそこは懺悔しないと(笑)

まぁ内容証明の郵便送付までしなくとも、産科医さんのメーリングリストとか作って違法内診数を集計して厚労省の担当者宛に毎日送りつけるのも面白いかもしれない
「昨日の違法内診数○○件…ごめんなさい」とか
厚労省が無視しても、今後病院が引っ掛かった時に「報告してました」という大義名分になったりして

いやあくまでも「嫌がらせ」ですからね(笑)

投稿: 与源太 | 2007年2月18日 (日) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/13922459

この記事へのトラックバック一覧です: 通達と現状との乖離:

« 立派な行い | トップページ | 2月18日という日 »