« 朝令暮改 | トップページ | 立派な行い »

2007年2月 3日 (土)

大山鳴動して鼠一匹

2007年2月3日 晴れ
『大山鳴動して鼠一匹』という諺を辞書でひくと、『前触れの騒ぎばかりが大きくて、実際の結果の小さいことのたとえ。〔「大山」は「泰山」とも書く〕』という意味がでてきます。

まずは、この事例において亡くなられた妊婦さん、そして、御家族の方々に深甚なる哀悼の意を表します。

奈良県大淀病院において32歳の妊婦さんが分娩中にけいれんし意識障害が出現。子癇発作、脳内出血の合併等を考慮し転送先を探しましたが、合計19カ所の施設で受け入れることができず、国立循環器病センターにて約1週間後に男児を出生後亡くなられた事例において、毎日新聞は当初、遺族側からの取材のみの偏った情報でスクープ記事にしました。その後は、過熱報道となり結局、大淀病院産婦人科は分娩取り扱い停止となり、奈良県南部の産科医療に多大な悪影響を与えました。

ココにきて、検察は立件をあきらめたようですが、あまりの後遺症の大きさに、ただ呆然とするのみです。日本の周産期医療はどうなっていくのでしょうか?報道にも倫理、節度が必要と感じます。

「泰山鳴動して鼠一匹」、まさにこの諺の如くです。

奈良妊婦死亡:転送先探し難航の末、立件は見送り

 奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、意識不明となった妊婦の高崎実香さん(当時32歳)が転送先探しが難航した末、死亡した問題で、奈良県警は、業務上過失致死容疑での同病院医師らの立件を見送る方針を固めた。死因となった脳内出血と、担当医が診断した子癇(しかん)発作との判別は困難で、刑事責任を問えないと判断した。今月中に遺族に捜査の経緯を説明し、最終判断する。
 病院側は問題発覚直後の会見で、「脳内出血でなく、子癇発作の疑いとした点で判断ミスがあった」と発言。県警は任意で提出されたカルテなどを基に専門家約20人に意見を求めたが、脳内出血と子癇発作は、意識喪失やけいれんなどの症状が似ているため識別が困難との意見が大半を占めた。さらに、遺体が司法解剖されず、法医学的な証拠に乏しい点も捜査を難しくしたとみられる。
 高崎さんは昨年8月8日午前0時ごろ、分娩(ぶんべん)中に意識不明に陥った。19病院に受け入れ不能とされた。結局、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)に搬送され、男児を出産後、死亡した。』

この事件について拙ブログで取り上げたのは以下のエントリーです。

Blogの御紹介
感情は向けられるべき所がある
周産期医療の空洞化
マスコミの理解力
問題は国会へ...
一休み
ペンは剣よりも強し
国の認識
受け入れは可能であったか?
CTを撮れば状況が変わったか?
体制不備への着目
真相?
破綻2
破綻

|

« 朝令暮改 | トップページ | 立派な行い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/13775438

この記事へのトラックバック一覧です: 大山鳴動して鼠一匹 :

« 朝令暮改 | トップページ | 立派な行い »