« 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて | トップページ | 不思議な記事... »

2007年2月28日 (水)

民事と刑事のあいだのねじれ

2007年2月28日 晴れ

まずは、この事故で亡くなられた当時31歳の妊婦さんと御遺族の皆様に深甚なる哀悼の意を表します。

民事裁判と刑事裁判との間で、過失の認定に「ねじれ」があると感じることがあります。そして、この裁判でも...

『出産時の処置ミスで名古屋市の主婦=当時(31)=を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた同市の産婦人科医K被告(48)の判決公判で、名古屋地裁の伊藤新一郎(いとう・しんいちろう)裁判長は27日、「被告に過失があったとは認められない」などとして、無罪(求刑罰金50万円)を言い渡した。』

この事件では、民事裁判では被告に7700万円の支払いを命じる判決でした。

『名古屋市港区の産婦人科で00年8月、同市中川区の主婦(当時31歳)が出産直後に死亡した事故を巡り、主婦の夫と長男が担当医らを相手取り、総額約1億 2700万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁は14日、担当医に計7700万円の支払いを命じた。加藤幸雄裁判長は「被告の個人診療所は(出産時の)大量出血に対す る必要な体制が整 っておらず、高次医療機関への搬送を決断すべき注意義務に違反した」などと述べた。』

判決の中にはこのような過失の否認が含まれています。

『伊藤裁判長は判決理由で、子宮の裂傷による大量出血が死因とした検察側の主張に対し「医師の証言などから、裂傷の存在には疑問がある」と指摘。設備の整った病院へ搬送しなかったことについても「転院させても確実に救命できたか疑いがある」と退けた。』

同じ事件を扱った民事裁判と刑事裁判。一方は「転院させなかった過失」を認め、一方では「過失があったとは認められない」との判断です。判断の基準が違うのか?法律に素人の私にはわかりません....。

さて、マスコミが報道した旦那さんの言葉...
『閉廷後、夫(33)は「過失がないなら、何で亡くなるのか。妻に報告できない」と話した。』

本当にこのようにお話になったのか?これは不明です。しかし、これだけは言えます。残念ながら、医療の世界では過失がなくとも命が失われることがあります。精一杯努力しても救えないこともあります。それが、医療の限界なのです。我々、医療者はこの限界を引き上げるべく、日々努力しますが...それでも所詮人間のすること、100%の安全を手にすることはできないのです。

本日参照させていただいた記事です。信条により一部加筆させていただいております。

『出産時の処置ミスで名古屋市の主婦=当時(31)=を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた同市の産婦人科医K被告(48)の判決公判で、名古屋地裁の伊藤新一郎(いとう・しんいちろう)裁判長は27日、「被告に過失があったとは認められない」などとして、無罪(求刑罰金50万円)を言い渡した。

 伊藤裁判長は判決理由で、子宮の裂傷による大量出血が死因とした検察側の主張に対し「医師の証言などから、裂傷の存在には疑問がある」と指摘。設備の整った病院へ搬送しなかったことについても「転院させても確実に救命できたか疑いがある」と退けた。

 閉廷後、夫(33)は「過失がないなら、何で亡くなるのか。妻に報告できない」と話した。

K被告は2000年8月31日、主婦が男児を出産した際、子宮に生じた裂傷を見落とした上、輸血や設備の整った病院への転院を怠り、出血性ショックで死亡させたとして、03年8月に略式起訴された。名古屋簡裁から罰金50万円の略式命令を受けたが、K被告は無罪を主張し、正式裁判を求めた。

 夫らが起こした民事訴訟では、名古屋地裁が昨年9月、K被告が主婦を転院させなかった過失を認め、約7700万円の支払いを命じる判決を言い渡し、K被告が控訴している。』

|

« 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて | トップページ | 不思議な記事... »

コメント

この民事と刑事のねじれはどういうものなのか、わかりませんが、まずは50万の略式起訴を、きちんと闘った甲斐があった!ということをたたえたいと思います。また、業務上過失致死なる罪状が、「もともと死に易い状態で病院にきている」状態ではまず当てはまらない、ということが全国に広まっていくといいと考えます。医師という仕事に対する業務上過失致死は異状です。

そう考えれば民事事件だってそもそもそのように多額の賠償金を払う事さえおかしな話なんですよね。

ひとつでもいい裁判を遺していくしか、いまは手がない時代なのかもしれません。この事件についてはよく知りませんが、個々のどうこう、よりも、そのあたりがしっかり認識されていくといいなと思っています。

投稿: 産婦人科医 | 2007年3月 2日 (金) 09時03分

産婦人科医さま
コメントをありがとうございました。

>また、業務上過失致死なる罪状が、「もともと死に易い状態で病院にきている」状態ではまず当てはまらない、ということが全国に広まっていくといいと考えます。医師という仕事に対する業務上過失致死は異状です。

そのとおりですね。しかし、医療が進み、以前に比べ、助かる患者さんがふえてきました。そして、一般の認識は「過失がなければ人間は死なない」というものにシフトしました。この認識を覆す必要があるのですね....。

投稿: 管理人 | 2007年3月 3日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/14082236

この記事へのトラックバック一覧です: 民事と刑事のあいだのねじれ:

» 医師無罪:民事と逆判断 [不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い]
はじめてのかたは、トップページもお読み下さい刑事と民事で逆判断。刑事では過失は [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 00時34分

« 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて | トップページ | 不思議な記事... »