« 2月18日という日 | トップページ | 民事と刑事のあいだのねじれ »

2007年2月23日 (金)

哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて

2007年2月23日 曇りのち晴れ
まずは、31歳という若さでこの世を去らねばならなかった...この同業の先生に心より哀悼の意を捧げたいと思います。そして、のこされた家族の方々の残念な思いは、いかばかりのものか?言葉にできません。

さて、読売新聞の記事(2月23日)

『北海道労働局が、道北地方の公立病院などに勤務していた男性小児科医(当時31歳)の突然死について、過度な時間外労働による過労が原因として、遺族が申請していた労災を認め、遺族補償年金の支給を決定していたことが23日、分かった。』

医師の現在の就労状況を考えると、過労死が起こるのは仕方がないかもしれないと思っています。私自身、同程度の時間外労働をこなしており、いつ自分が?という思いもあります。しかし、過労死の認定がなされたことは、遺族の方々にとってはある意味の救いとなったのではないかと感じます。

『同労働局によると、医師の過労死が労災認定されるのは珍しいという。』

その通りです。医師は時間外で働いて当たり前という暗黙の了解があるのでしょうか?医師も人間です。なぜ、他職種と同様な基準で認定しないのでしょうか?その部分を深くえぐった報道を期待します!

『労働局などによると、男性は公立病院に2002年4月から03年7月まで臨時職員として勤務し、同年8月から正職員になった。同年10月1日からは北海道富良野市の民間病院に勤務し、同6日に自宅で心疾患のため突然死した。
 男性は、公立病院で頻繁に夜間呼び出しされるなど、時間外労働が月100時間を超す過密勤務で、民間病院でも長時間勤務を余儀なくされていたという。04年11月、遺族が旭川労基署に労災申請していた。』

労災認定まで2年と3ヶ月。時間外労働が100時間を超える過密勤務は、医師であれば大抵の方は経験しています。そこまでしなければ、この国の医療水準を保っていけない。その状況をこそ問題にすべきです!

最後に、再びこの同業の先生の御冥福を祈りたいと思います。どうか、天国ではゆっくりとお休みください。

本日参照させていただいた記事です。

『北海道労働局が、道北地方の公立病院などに勤務していた男性小児科医(当時31歳)の突然死について、過度な時間外労働による過労が原因として、遺族が申請していた労災を認め、遺族補償年金の支給を決定していたことが23日、分かった。

 同労働局によると、医師の過労死が労災認定されるのは珍しいという。

 労働局などによると、男性は公立病院に2002年4月から03年7月まで臨時職員として勤務し、同年8月から正職員になった。同年10月1日からは北海道富良野市の民間病院に勤務し、同6日に自宅で心疾患のため突然死した。

 男性は、公立病院で頻繁に夜間呼び出しされるなど、時間外労働が月100時間を超す過密勤務で、民間病院でも長時間勤務を余儀なくされていたという。04年11月、遺族が旭川労基署に労災申請していた。』

|

« 2月18日という日 | トップページ | 民事と刑事のあいだのねじれ »

コメント

本当に痛ましい出来事ですね。こちらの地元のことですから、以前からそれなりの事情は知っていました。
そんな中で、小児科の年配のDrの多くがあまり問題視していない印象を持っています。中堅以下のDrとの間には溝があるようです。すでに救急に関わらなくなったDrには昨今の救急外来がどんな状況かわかりにくいようです。ずっと憤りを感じていた事です。

投稿: 小児がんと生きること管理人 | 2007年2月24日 (土) 16時37分

小児がんと生きること管理人さま

こんばんは
コメントをありがとうございました。

>中堅以下のDrとの間には溝があるようです。すでに救急に関わらなくなったDrには昨今の救急外来がどんな状況かわかりにくいようです。ずっと憤りを感じていた事です。

なかなか、難しい問題ですね。ただでさえ人員は不足しており、業務は困難を極めます。こういう時ほど、全体で一致団結してコトにあたらないといけないと感じます。見て見ぬふりはできないはずと思うのですが....

しかし、本当に痛ましい。そして、とても他人事とは思えない事件です。あらためて、この31歳の小児科医先生の御冥福をお祈りいたします。

投稿: 管理人 | 2007年2月25日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/14019822

この記事へのトラックバック一覧です: 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて:

» 小児科医の過労死 [小児がんと生きること]
以下は2月23日北海道新聞からの引用です。 『小児科医死亡は過労死 時間外、月1 [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 16時29分

» 小児科医、過労死認定 [健康、病気なし、医者いらず]
またしても。 またしても、残念なニュースがありましたね。 これだけ医師不足、医療崩壊が叫ばれていて。 医師の中でも、最も医師不足と言われているのは、 産科医と小児科医ですが。 ある小児科医の先生が過労で亡くな... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 20時24分

» 氷山の一角 [医療報道を斬る]
命に関わる急病でない限り、夜中に受診するのはやめよう小児科医死亡は過労死 時間外、月100時間超 道労働局認定  2007/02/2307:06 道北の公立病院などに勤務していた小児科医の男性=当時(31)=が突然死したのは、月百時間を超す時間外労働による過労死だと...... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 16時25分

« 2月18日という日 | トップページ | 民事と刑事のあいだのねじれ »