« 通達と現状との乖離 | トップページ | 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて »

2007年2月18日 (日)

2月18日という日

2007年2月18日 曇り

追記します(2007年2月18日):新小児科医のつぶやき:2.18にて企画されているキャンペーンに私も賛同いたします。尚、この件につき、ご賛同の意をお持ちの方はどうぞコメントに書き込んで下さい。一般の方々大歓迎です。

『我々は福島事件で逮捕された産婦人科医の無実を信じ支援します。』

昨年の2月18日、福島県立大野病院産婦人科医の先生が福島県警に逮捕拘留されました。逮捕のきっかけとなった事故は当時29歳の妊婦さんが全前置胎盤のため帝王切開にて分娩したところ、不幸にも前回の帝切の切開線にかからない後壁付着の癒着胎盤となっており、当該医師はその時点で考え得る最善を尽くされましたが、妊婦さんは術中突然おこった致死性不整脈により亡くなられたというものです。
福島県立大野病院はこの事故のあと、外部の人間も含めて事故報告書を作成しており、当該医師についても行政処分をおこなっております。しかし、逃亡の恐れ、証拠隠滅の恐れという考えもつかないような理由により、その産婦人科医の先生は福島県警に逮捕拘留され、業務上過失致死、医師法違反にて刑事起訴されています。その、第1回公判が先程開かれておりますが....拙ブログでも、この事故については予見が不可能であること、胎盤を剥離することは適切な処置であること、大出血に際しても考え得る適切な処置を行っていることなどから、過失は存在しないと考えております。また、異状死体の届出義務を記した医師法第21条に抵触するとの起訴理由については、そもそも異状死体の定義について現在定まったものがないこと、また、事故後当該医師は大野病院院長と協議しており、届け出義務は当該医師にはなく、院長にあったものと考えます。

そして、1年後の本日。この不当な逮捕を風化させないためにも、取り上げたいと思います。

1年前の本日、福島県警は福島県立大野病院産婦人科医師を不当に逮捕、拘留しました。これは、極めて強権的で許すべき行為ではありません!

拙ブログでこの事件を扱ったエントリーは以下の通りです。

弁護側冒頭陳述
検察側冒頭陳述
ブログ御紹介
お詫び(誤解)
死因は?
公判の続報
公判が始まりました。
福島県立大野病院事件の続報
大野事件の続き...
大野事件の続き
はじまりました。
産科婦人科学会の見解
医療と司法という記事
産科の状況
警察という組織
医療の限界

|

« 通達と現状との乖離 | トップページ | 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて »

コメント

明らかに不当逮捕ですからね、これは。
絶対に抗議すべきでしょうね。
ブログ発でマスコミを動かせると良いのですが。

投稿: Dr. I | 2007年2月18日 (日) 15時08分

こんにちは、トラックバック有り難うございます。
当方からもリンクへのリストアップとトラックバックをさせて頂きました。

この動きが世間に、マスコミに、少しでも伝わればと思います。

投稿: 道標主人 | 2007年2月18日 (日) 16時04分

こんにちは
Dr.Iさま
道標主人さま

こちらからもトラックバックさせていただきました。
このうねりがマスコミや、一般の方々に届きますように。
そして、一日も早く、当該産婦人科医の先生の名誉が回復されますように。と祈っております。

投稿: 管理人 | 2007年2月18日 (日) 16時20分

夫が公立病院の産婦人科に勤務しています。
今日は夜勤明けの休日ですが、ずっと風邪気味なので一日寝込んでましたが、難しい症例の患者さんがおられるので、出かける準備だけはしています。

当直でもなく、待機でもありませんが、責任者としてまもなく出勤するようです。
患者さんの無事と夫の無事を祈るしかできることはありませんが、一年前の事件を思うと怖くてしかたありません。
無罪を心から祈っています。

投稿: SS | 2007年2月18日 (日) 19時37分

コメント、トラバありがとうございました。
このブロガーたちの動きがマスコミも動かせるといいんですけど。

投稿: pyonkichi | 2007年2月19日 (月) 01時39分

いつも勉強させて頂いています。
こちらからもトラックバックさせて頂きます。
少しずつ少しずつ進んでいると信じてます。

投稿: ドロロンえん魔くん | 2007年2月19日 (月) 22時18分

こんばんは
コメントをありがとうございます。

また、レスが遅れまして申し訳ありません。

SSさま
>患者さんの無事と夫の無事を祈るしかできることはありませんが、一年前の事件を思うと怖くてしかたありません。

心中をお察しします。我々医師は、不確実なものをより確実なものにするよう日々努力致します。しかし残念ながら...所詮人間であり、100%をお約束することはできません。だから、怖いですよね....。
その場の状況で、できる限りのことをやった。しかし、結果を出すことができなかった。こういった場合にも、結果責任を負わされるようになれば「リスクを避けることのできない医療」はできなくなってしまいます。
いつか、SSさまの怖さが和らぐ日がくるよう祈っております。

pyonkichiさま
>このブロガーたちの動きがマスコミも動かせるといいんですけど。

仰る通りに思います。

ドロロンえん魔くんさま
>少しずつ少しずつ進んでいると信じてます。

ブログは一般の方々も読めるものです。そして、チカラは小さいですが、影響を与えることができます。声を上げ続けようと思います。

投稿: 管理人 | 2007年2月21日 (水) 22時39分

賛同させていただきます。外科系勤務医です。
今日は初めてコメントさせていただきます。
今の子供達が、高齢になっても日本で適切な手術が受けられるためにも、
K医師の無罪をこころよりお祈り申し上げます。

投稿: きなこもち。 | 2008年2月18日 (月) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/13955651

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日という日:

» 悪夢からちょうど一年 [健康、病気なし、医者いらず]
我々医療に従事する者からみたら、まさに「悪夢」 としか思えない出来事から、 今日でちょうど一年がたちました。 そうです。 このブログでも何回も取り上げた事のある、 「福島、大野病院。産科医不当逮捕事件」 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 15時07分

» 2.18 [道標 Guideboard]
歴史に、そして私たちの心に刻まれた日、2.18。逮捕、起訴された医師の無罪を信じ [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 16時12分

» 我々は福島事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 [今日手に入れたもの]
新小児科医のつぶやきさんの2.18企画に賛同して。 http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070207 http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070218 昨年2月18日は、福島事件で産婦人科医師が不当逮捕された日です。 警察はカルテ保全などすべてすませておきながら、 しかもK医師は一人医長でずっと診療を続けていたにもかかわらず、 ”逃亡、証拠隠滅のおそれあり”として逮捕、身柄を拘留しました。 先日、初公判があったばかりです。 胎盤癒着は予測不... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 21時20分

» 2月18日 あれから1年 [サイバーキッズクリニック]
『我々は福島事件で逮捕された、 産婦人科医師の無罪を信じ支援します』 この記事は、『新小児科医のつぶやき 2.18企画』 に賛同した記事である。  ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致し... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 22時16分

» 2・18 [JUN-K's BLOG]
 ライヴだのなんだのとドタバタしてるうちに(来場の皆さん,ありがとうございました),すっかり周回遅れになってしまいましたが(3周くらい遅れた感じ),一応,態度を表明しておきます。  『我々は福島事件で逮捕された医師の無実を信じ支援します。』  唐突ですいませんが,以前の記事でも若干触れた,いわゆる「... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 23時36分

« 通達と現状との乖離 | トップページ | 哀悼の意...過労死された小児科医の先生へ向けて »