« 医療ジャーナリストの言 | トップページ | JHのことば »

2006年11月25日 (土)

罪深きもの

2006年11月25日 雨
通勤に使用している車がパンクして、スペアタイヤに交換し、更にパンク修理にもっていかなければなりませんでした。久しぶりの肉体労働です。

さて、連日の自殺報道はやや沈静化してきたでしょうか?報道により、自殺の連鎖(suicide cluster)が起こっている可能性があります。貴重な生命を「救えない」あるいは「自殺に追い込んでいる」報道は、正しく「罪深きもの」であるといえます。

あるところから入手しました、「WHOによる自殺予防の手引き」より抜粋です。

『自殺を報道する際の一般的原則自殺を報道する際にはとくに以下の点に注意を払う必要がある。
慎重かつ正確に統計を解釈する。
信頼できる情報源を利用する。
時間が迫っているからといって、十分に用意されていないコメントを安易に用いない。
件数の少ない事例を過度に一般化することに対して特に慎重にする。たとえば、「自殺の疫病」「世界でもっとも高い自殺率を呈する地域」などといった表現は使うべきではない。
社会・文化的な変化に対する理解できる反応として自殺行動を報道するのを控える。
特別な自殺をどのように報道すべきか以下の点を念頭に置くべきである。特に有名人が自殺した場合には、自殺を過度にセンセーショナルに報道すべきではない。最小限度の報道にとどめる。その人が罹患していた可能性のある精神的な問題についても取り上げる。
詳しすぎる報道はできる限り控えるように努力する。
自殺者、方法、現場の写真は提示すべきではない。
自殺の見出しを一面に載せることは自殺報道では望ましいことではない。
自殺手段やその入手方法を詳しく報道するのは避ける。』

一般的な報道の姿勢として、まずこれだけの配慮が必要ということです。現状のマスコミの姿勢からは...失礼とは思いますが、「こんなことを気にして報道しているのか?」はなはだギモンです。報道機関も、広告収入で成り立っていることを考えると、新聞は発行部数の確保、テレビは視聴率の向上などが至上命題とされるのはわからないでもありません。しかし、その社会に与える影響を考えると、そのような経済的な観点からだけの報道でいいのでしょうか?

私は良くないと思います。

その影響の大きさからいって、何らかの制限をつけるべきであると考えます。報道による被害者には、それなりの補償が行われるべきであるし、報道と社会的影響について検討をすすめ、明らかに大きな社会問題を起こしたならば、その報道機関は実効性のある社会的制裁を受けるべきであると考えます。報道による名誉毀損の裁判では、「報道した時点で充分に信用できる情報を用いて報道がなされたならば、その情報が間違っていたものであったとしても名誉毀損は成立しない」とのことです。(誤信相当性)このような、理不尽な法律解釈に守られている「罪深きもの」たちには、いつかそれ相当のシバリが必要となってくるでしょう。

本日の記事に使用させていただいた手引きの抜粋です。

『自殺を報道する際の一般的原則自殺を報道する際にはとくに以下の点に注意を払う必要がある。慎重かつ正確に統計を解釈する。信頼できる情報源を利用する。時間が迫っているからといって、十分に用意されていないコメントを安易に用いない。件数の少ない事例を過度に一般化することに対して特に慎重にする。たとえば、「自殺の疫病」「世界でもっとも高い自殺率を呈する地域」などといった表現は使うべきではない。社会・文化的な変化に対する理解できる反応として自殺行動を報道するのを控える。特別な自殺をどのように報道すべきか以下の点を念頭に置くべきである。特に有名人が自殺した場合には、自殺を過度にセンセーショナルに報道すべきではない。最小限度の報道にとどめる。その人が罹患していた可能性のある精神的な問題についても取り上げる。詳しすぎる報道はできる限り控えるように努力する。自殺者、方法、現場の写真は提示すべきではない。自殺の見出しを一面に載せることは自殺報道では望ましいことではない。自殺手段やその入手方法を詳しく報道するのは避ける。メディアによって報道された自殺方法が、それに引き続く自殺でもしばしば模倣されることを明らかにしている研究がある。特定の場所(ある特定の橋、崖、ビル、鉄道)がしばしば自殺の場所として広く知られていて、それが報道されることによって、さらに多くの人々がその場所で自殺する危険がある。自殺を説明ができないこととして報道したり、あるいはあまりにも単純化して報道すべきではない。自殺はけっして単一の原因や出来事だけで生じるわけではない。しばしば多くの要因が複雑に関連して自殺が生じている。たとえば、精神障害、身体疾患、薬物乱用、家庭的な問題、対人的な葛藤、人生の問題などが複雑に関係している。さまざまな原因が自殺に関連していたことを認識するほうが有用である。破産、試験の不合格、性的虐待といった個人的な問題を解決する方法として自殺を報道すべきではない。偏見や心理的な悩みといった問題について配慮し、遺族や他の遺された人々に及ぼす影響を考慮して報道すべきである。自殺者を殉教者のように美化したりすると、潜在的に自殺の危険の高い人に対して、社会が自殺を名誉あるものとみなしているとのメッセージを送ってしまいかねない。むしろ、自殺した人を悼むことを強調すべきである。自殺未遂のために身体的に障害が残った点(脳障害、麻痺など)を報道することは、自殺の抑止となる可能性がある。入手可能な援助源について情報を与える自殺報道に際して以下のような情報を伝えることによって、メディアは自殺予防の重要な役割を果たすことができる。最新の電話番号や住所を載せて、利用可能な精神保健機関や電話相談機関の一覧を掲載する。自殺行動の警戒兆候について報道する。うつ病がしばしば自殺行動に関連しているのだが、うつ病は治療ができる状態であることを報道する。遺族に対して心からの追悼の念を伝えるとともに、遺族を支えるグループの電話番号なども報道する。このようにすることで、精神保健の専門家、友人、家族からの介入の可能性が高まる。』

|

« 医療ジャーナリストの言 | トップページ | JHのことば »

コメント

こんにちわ。
まったくです。マスコミは、この自殺の連鎖に直面しても、相変わらずセンセーショナルに報道し、特番を組み、視聴率や販売数の増加しか考えていない印象を受けます。
言論の自由を振りかざす割りには、公共の福祉を守る義務を怠っている気がしてなりません。憲法にも、「国民は,これを濫用(らんよう=みだりに用いること)してはならないのであって,常に公共の福祉(社会一般に共通する幸福や利益)のためにこれを利用する責任を負う。」と書いてあるのですがね。。

投稿: doradora | 2006年11月25日 (土) 22時44分

いつも興味深く読ませていただいております。

私も同感です。
最近の報道機関というか、メディアそのものが理性的な判断を失っているのではないかと危惧しています。

特に、テレビにいたっては、よりセンセーショナルであることが必然のように番組作りを勧めているように見受けられるものが多すぎます。
ひとりの少年少女がいじめに悩み苦しみ、その結果、自らを死に追いやったことをより悲劇的に描き、その学校長やいじめた生徒たちに間接的にプレッシャーを与えていく。
報道機関としてのテレビの役割が事実をありのままに報道していくものだとしても、私は遺書の内容などのプライベートなものは控えるべきだとずっと思っていました。

最近ではいじめがテーマの報道熱はやや冷めてきたようですが、メディアの『事件=エンターテイメント』視している姿勢はあまり変わりないように思えます。それが残念でなりません。

投稿: sigmund | 2006年11月26日 (日) 03時10分

まさに、同感です。人の基本的人権や人の命より、報道の自由が優先だれるのか?ということです。この前、週刊新潮の元編集員は、法律違反と思えば、訴えればいい、としゃあしゃあとのたまっていましたが、モラルがあってしかるべしです。今回の自殺連鎖は報道が作り上げたものであることは、明白で、昔の“岡田由紀子シンドローム”を彷彿とさせます。子供の命は大切だ、と上っ面だけで言っているのではなく、視聴率重視ではなく、一人でも不幸な命を救う、建設的な報道を望みます。

投稿: yuchan | 2006年11月26日 (日) 13時19分

こんばんは
みなさまコメントをありがとうございました。

>doradoraさま

>マスコミは、この自殺の連鎖に直面しても、相変わらずセンセーショナルに報道し、特番を組み、視聴率や販売数の増加しか考えていない印象を受けます。

私も残念ながら、そのようにしか受け取れないでいます。マスコミはひょっとして腐っているのか?骨のあるジャーナリズムはどこにいったのか?(或は最初からなかったのかもしれませんが...)寂しいですね、この国は...

>sigmundさま

>報道機関としてのテレビの役割が事実をありのままに報道していくものだとしても、私は遺書の内容などのプライベートなものは控えるべきだとずっと思っていました。

自殺の報道とは離れますが、インドネシアの方で大地震、大津波が起こり、日本人観光客が大勢巻き込まれたことがありました。その時に、両親と家族を亡くした男の子がいたのですが、テレビではその子の顔をアップで写し記者が「今のキモチは?」などとしつこく(泣いている)その子に聞いている風景が放映されました。『こんなときにはそっとしておいてやるもんだ』と通常は感じる時ですが、そういう『人間として最低限のルール』も知らないものが報道に関わっているということですね....さすがに、このとき出演していた、当時白鳳大学の教授がメチャクチャに怒って、『こんな報道をするもんではない!』と怒鳴り散らしていましたが...その教授もこの件以降はあまりテレビで見かけることがなくなってしまいました。
報道も『金にならなきゃいけない』というのもわからんではありませんが、人間としての最低限のルールは守らないといけないと思います。そのルールを破ったものには制裁が加えられるべきであると感じます。

>yuchanさま

>今回の自殺連鎖は報道が作り上げたものであることは、明白で、昔の“岡田由紀子シンドローム”を彷彿とさせます。

そうですね、私も思い出しました。報道による連鎖反応です。人の命がかかっている問題ですので、是非とも視聴率だけでなく、社会に対する影響を考えた報道を望みたいと考えます。

投稿: 管理人 | 2006年11月26日 (日) 22時23分

管理人さま、こんばんは。
このエントリ、まさに我が意を得たりという感じです。
私も昨今の自殺連鎖の原因は報道にあると思います。あれでは「ああやって自殺すればこんなに全国的な話題になるんだ」「こうやって復讐すればいいんだ」と自殺の後押しをしているようなものです。
一番問題なのは、マスコミには自分達が自殺者の背中を押しているという自覚がないばかりか、正義のヒーロー気取りでしかいないことです。非常に醜悪です。マスゴミと揶揄されるのも致し方ないと思います。

あと、大分前の私の明後日方向発言にまでお返事いただきありがとうございます^^; (大変律儀な方なのでしょうけど、私に限っては適当に無視していただいて結構ですよ)
踏み倒し…解ります、ウチにもいます、家族中3人、のべ6-7件の医療費を未払いのお方たち…「払えない」「金がない」の繰り返し。お酒を飲むお金はあるみたいなんですけどねぇ…

投稿: プックル | 2006年11月27日 (月) 22時04分

こんばんは
プックルさま

>一番問題なのは、マスコミには自分達が自殺者の背中を押しているという自覚がないばかりか、正義のヒーロー気取りでしかいないことです。非常に醜悪です。

ココまで来ると、救いようもないのでしょうね...

投稿: 管理人 | 2006年11月27日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/12821505

この記事へのトラックバック一覧です: 罪深きもの:

« 医療ジャーナリストの言 | トップページ | JHのことば »