« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

罪深きもの

2006年11月25日 雨
通勤に使用している車がパンクして、スペアタイヤに交換し、更にパンク修理にもっていかなければなりませんでした。久しぶりの肉体労働です。

さて、連日の自殺報道はやや沈静化してきたでしょうか?報道により、自殺の連鎖(suicide cluster)が起こっている可能性があります。貴重な生命を「救えない」あるいは「自殺に追い込んでいる」報道は、正しく「罪深きもの」であるといえます。

あるところから入手しました、「WHOによる自殺予防の手引き」より抜粋です。

『自殺を報道する際の一般的原則自殺を報道する際にはとくに以下の点に注意を払う必要がある。
慎重かつ正確に統計を解釈する。
信頼できる情報源を利用する。
時間が迫っているからといって、十分に用意されていないコメントを安易に用いない。
件数の少ない事例を過度に一般化することに対して特に慎重にする。たとえば、「自殺の疫病」「世界でもっとも高い自殺率を呈する地域」などといった表現は使うべきではない。
社会・文化的な変化に対する理解できる反応として自殺行動を報道するのを控える。
特別な自殺をどのように報道すべきか以下の点を念頭に置くべきである。特に有名人が自殺した場合には、自殺を過度にセンセーショナルに報道すべきではない。最小限度の報道にとどめる。その人が罹患していた可能性のある精神的な問題についても取り上げる。
詳しすぎる報道はできる限り控えるように努力する。
自殺者、方法、現場の写真は提示すべきではない。
自殺の見出しを一面に載せることは自殺報道では望ましいことではない。
自殺手段やその入手方法を詳しく報道するのは避ける。』

一般的な報道の姿勢として、まずこれだけの配慮が必要ということです。現状のマスコミの姿勢からは...失礼とは思いますが、「こんなことを気にして報道しているのか?」はなはだギモンです。報道機関も、広告収入で成り立っていることを考えると、新聞は発行部数の確保、テレビは視聴率の向上などが至上命題とされるのはわからないでもありません。しかし、その社会に与える影響を考えると、そのような経済的な観点からだけの報道でいいのでしょうか?

私は良くないと思います。

その影響の大きさからいって、何らかの制限をつけるべきであると考えます。報道による被害者には、それなりの補償が行われるべきであるし、報道と社会的影響について検討をすすめ、明らかに大きな社会問題を起こしたならば、その報道機関は実効性のある社会的制裁を受けるべきであると考えます。報道による名誉毀損の裁判では、「報道した時点で充分に信用できる情報を用いて報道がなされたならば、その情報が間違っていたものであったとしても名誉毀損は成立しない」とのことです。(誤信相当性)このような、理不尽な法律解釈に守られている「罪深きもの」たちには、いつかそれ相当のシバリが必要となってくるでしょう。

続きを読む "罪深きもの"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

医療ジャーナリストの言

2006年11月23日 雨
疲労のため1日更新できませんでした。

沖縄タイムスの記事です。
医学ジャーナリスト・松井宏夫氏講演(沖縄タイムス)

松井宏夫氏の著書を調べてみると...松井宏夫氏の著書となかなかいろいろと調べていますね...いわゆる「名医本」の編集者のようです。

『人工透析にかかる費用は一人当たり年間八百万円。約一兆円の医療費が透析に消えていく」と指摘。諸外国に比べ臓器移植に後進的な日本の医療制度に「倫理的観点も含め、学会でしっかり話し合い、啓発する必要がある」と訴えた。』

透析が多く、腎移植が少ないのは、極端に献腎移植あるいは脳死の段階での移植が少ないのが原因と思われます。その根底にあるのは、日本人の「死」に対する意識の問題であると思われます。臓器移植法が成立してずいぶん経ちますが、脳死移植の数が増えていかないのは、そのカラクリがあるものと感じています。啓発することは本当に必要なことですが、一朝一夕には変化していかないでしょう...

『日本の医療施設の在り方にも言及。高度な手技が必要な心臓外科手術を例にドイツと比較し「日本では年間約五万一千例行われ、施設は五百十カ所、一カ所平均七十四例。

 ドイツは年間九万七千例行われるが、施設は八十カ所。一カ所で四千例を手掛ける施設もある」と説明した。』

年間4千例の心臓手術とすると、365日フル稼働で11例/日と凄まじい数です。術者は20人程度、支えるサポートチームも巨大なものが必要です。日本の現在の医療事情からすると...実現は不可能な感じを受けますが...また、AMI:急性心筋梗塞などの発症から処置まで時間を争うものについては、集約化することで施設搬入まで時間がかかるようになると救命率、予後の改善率ともに落ちていくような気がします。集約化することは、一部では必要な部分があるでしょうが...それに伴う患者さんの搬送手段の検討なども同時にしていかなければならないと思います。

日本の医療の良い面と悪い面を比較して、どの方向に進むべきかを考える必要があると思います。ただ、外国の医療制度を真似するだけでは良いシステムは産まれないと考えます。

続きを読む "医療ジャーナリストの言"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »