« 机上の論理 | トップページ | 生体腎移植にまつわる報道 »

2006年10月 2日 (月)

悲しい出来事

2006年10月2日 曇りのち晴れ
悲しい出来事がネット上で繰り広げられています。このブログは、小児科医の本当の声が聞けるものの一つでした。ブロガーは私からみてもかなりの凄腕の小児科医であると思います。(あくまでブログ上の情報からですが...)

一部の辛辣な言葉使いはありましたが、それはそのブロガーのやり方であり、一つの表現方法であったと考えます。悲しい出来事です。世の中にはいろんな方がいるのですね.....

|

« 机上の論理 | トップページ | 生体腎移植にまつわる報道 »

コメント

ブログは匿名となっていますが、長く書けば個人を特定できる断片はあちこちに蓄積され、医者なんて狭い世界ですから特定可能になる事は覚悟しておく必要があります。

エントリーに取り上げられたブログの内容は十分には把握していません。またたしかに投書内容は善意のものと言いがたいところはありますが、ああいう取り上げ方をされる危険性は常にあるということです。

うちも前にクラリスとクラリシッドの話を取り上げたら、翌日には両者のMRが飛んできました。匿名と言ってもその程度だという事です。

お互い自戒が必要ですし、うちはともかく、先生のところはとくにご注意される必要があります。下手すると勤務医ブログの取締りなんて騒ぎが起こらないとも限りませんから・・・。

投稿: Yosyan | 2006年10月 3日 (火) 19時54分

Yosyanさま
コメントありがとうございました。

確かにおっしゃるとおりです。少し対策してみようと思います。

投稿: 管理人 | 2006年10月 3日 (火) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/12128501

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい出来事:

« 机上の論理 | トップページ | 生体腎移植にまつわる報道 »