« ネフローゼ症候群_概念 | トップページ | ネフローゼ症候群_腎1 »

2006年9月 3日 (日)

診断ミス?

この記事が目にとまりました。心筋梗塞は診断が非常に難しいことがあります。

まずは、この件で亡くなられた50歳の会社役員の男性とその遺族の方々深甚なる哀悼の意を表します。

医療過誤損賠訴訟:鹿嶋の医療法人と遺族、1億円支払いで和解 /茨城(毎日新聞)

『潮来市潮来の会社役員の男性(当時50歳)が急性心筋こうそくで死亡したのは、病院の診断ミスが原因として、男性の遺族3人が、医療法人「善仁会」(鹿嶋市宮中4、小山善朗理事長)に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の和解協議が1日、水戸地裁(志田博文裁判長)であった。協議の結果、病院側が原告に1億円支払うことで合意し、原告の主張がほぼ認められる形となった。
 訴状などによると、男性は99年4月19日午前1時ごろ、のどや背中などに痛みを訴え、救急車で同法人が経営する「小山病院」に運ばれた。レントゲン検査などで異常がなく、のどの炎症である「上気道炎」と診断され帰宅。男性は数時間後に再び痛みを訴え、同病院に運ばれたが、同日午前7時ごろ、急性心筋こうそくのため死亡した。
 遺族は「明らかな診断ミス。男性の症状から心筋こうそくを疑うべきだった」と主張。病院側は「男性は心筋こうそくを疑わせる症状を伝えていない」などと反論していた。
 和解では、病院側は原告の主張する「診断ミス」は認めず、和解金の支払いと謝罪に応じた。病院側は「不適切な対応により男性を死に至らしめたことを深く謝罪し、今後、同様の医療事故が生じないよう防止策を講じる」と述べた。
 原告である男性の妻(57)は「ほっとした。(亡夫に)見守っていてくれてありがとうと伝えたい」と話した。』

心筋梗塞の典型的症状は胸部絞約感(胸を締め付けられるような感じ)を伴う胸痛が持続することです。しかし、非典型例は多く、「歯が痛い」「左肩がこる」「背中がいたい」、ただ「吐くだけ」の場合もあり、診断に難渋したり見逃されてしまうなどのことが起こりうる、そんな病気です。もちろん、診断技術を高め、こういった不幸な患者さんを減らす努力が必要ですが、今回の状況で、どれだけの一般臨床医が正確に心筋梗塞を診断できたか?ははっきりしません。

<明らかな診断ミス。男性の症状から心筋こうそくを疑うべきだった との主張ですが....
診断はできるかもしれませんが、一般の臨床医のうちこのような非典型例を診断できるのは、ごく一部であると考えます。(因に私も見逃すかもしれません。)これで、和解金は1億円とは...日本も厳しくなってきました。
ただ、和解の条件の「診断ミスは認めず」というところは、最低限これだけは...というギリギリの条件だったのでしょうね。

拙ブログ:貴重なコメントをいただきましたのコメント欄で私の経験を紹介していますが...このようなこともあり、心筋梗塞の非典型例の診断は非常に難しいこともある。と認識していただければ幸いです。
「コメントに対する返答とは少し離れますが....今日の私の仕事は....
朝8時30分から午後5時まで小児科の外来をしながら、病棟の患者さんもみて、成人を含む患者さんの救急車の対応までをこなします。ちょうど、前日の当直との切り替わりの時間に高齢者の「嘔吐下痢症」という触れ込みの患者さんが救急搬送されてきました。私は救急室に向かっている途中でしたが、病院のストレッチャーに移した途端に意識消失し心拍が触れない状態となり、看護師さんからPHSに連絡がありました。モニター上、心室細動でDC200J一発で戻りましたが、呼吸が不安定のため気管内挿管し12誘導心電図で前壁の心筋梗塞が疑われ循環器内科の先生を呼び出して診ていただきました。いなかの病院ですので、このような事も小児科医ですが診ています。」

|

« ネフローゼ症候群_概念 | トップページ | ネフローゼ症候群_腎1 »

コメント

お疲れ様です。成人までこなしていらっしゃることに頭が下がります。私も数年前までそのような状態でしたが、このご時世、私が成人、特にお年を召した方を拝見するのは患者さんにとっても病院にとっても不利益でしかないと上層部に訴え、以来成人を診ることはなくなりました。
それにしても今回の件は、最初の来院時に梗塞を来していたのか狭心症発作だったのかも判らないですね。後者なら調べても緊急検査項目ならなにも異常として引っかからないでしょう。確かにそういった非典型例はあるといってもすべてを疑って検査するなんてことできないですしね。

投稿: クーデルムーデル | 2006年9月 3日 (日) 23時30分

クーデルムーデルさま
こんばんは

コメントありがとうございます。

<最初の来院時に梗塞を来していたのか狭心症発作だったのかも判らないですね。

そうですね。仮に心筋梗塞を起こしていても、初期には典型的なST上昇等を認めないこともありますしね...
でも、これで背部痛や歯の痛みに対しても、まず心電図、血液検査(ラピチェックまで)、心エコーなどなど...
ズラズラと行わなければ危ない!ってことになりそうですね...

投稿: befu | 2006年9月 4日 (月) 20時37分

お仕事ご苦労さまです。
ん~、これはある意味ショックですね。
こんな話を聞くと、私もニアミスはたくさんあるかもしれないと、ちょっと怖くなります。
診断ミスを認めずで、示談金1億円だったら、痛みで来た患者さんは、頭から足のつま先まで、エコー、CTあるいはMRI,心電図、血液検査、尿検査などなど、フルコースで検査しないといけなくなりますが、果たしてそれって可能なことなんでしょうか?それでも、診断できないことすらあるかもですね。
裁判所も結構無理いいますね~。
しかし、紙面にはないですが、こういうトラブルの背景には、意外と、その時の対応のまずさがあることが多いのですが(不誠実な対応や説明不足などなど)・・。その辺はどうなんでしょうかね?

投稿: yuchan | 2006年9月 4日 (月) 22時19分

こんばんは
yuchanさま

<紙面にはないですが、こういうトラブルの背景には、意外と、その時の対応のまずさがあることが多いのですが(不誠実な対応や説明不足などなど)・・。その辺はどうなんでしょうかね?

恐らくそういうことかもしれないと思っています。ただ、そういったニュアンスはマスコミからは流れてきませんね...そして、やはりミスだと...
午前1時に救急車で搬入された患者さんは、観察目的でも入院していただいて良かったのかもしれません。あくまで私見ですが....

投稿: befu | 2006年9月 4日 (月) 23時03分

症状の重、軽が不明ですが、深夜の受診ですから入院についてはまさに同感です。

投稿: yuchan | 2006年9月 4日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/11747987

この記事へのトラックバック一覧です: 診断ミス?:

» できの悪い医者の言い訳 [産婦人科へようこそ]
この前、例の爆笑問題の太田総理の公約をみていたら、医者の免許を5年ごとに更新するという公約を可決していた。 そこで・・・ できの悪い医者のいいわけですが・・ 内容的には、女優の奈美さんが、皮膚の病気でどこの医者に行っても原因が解らず、ある医者に行ったと...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 22時27分

» 胸の痛みの原因を分析 [胸の痛みを感じたら!胸の痛みの原因分析]
胸の痛みにお悩みですか? 胸の痛みをきたす病気はたくさんありますから、 症状別に胸の痛みの原因を突き止め、適切な治療を受けてください。 [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 01時38分

« ネフローゼ症候群_概念 | トップページ | ネフローゼ症候群_腎1 »