« blog紹介 | トップページ | 助産師さんは充足? »

2006年8月31日 (木)

blog紹介その2

つづいて、トラックバックを受けたブログの御紹介。

東京女子医大病院で心房中核欠損症の手術時にポンプのトラブルにより患者さんが亡くなった事件で、業務上過失致死罪に問われ第1審にて無罪を勝ち取った先生のブログです。

今回の記事は、留置場、拘置所の状況について、当時の状況を細かく紹介されています。非常にバイタリティーにあふれる心臓外科医である彼は、その留置場での生活をも客観的に振り返っています。
「必読」と感じます。

紫色の顔の友達を助けたい:獄中執筆記-傷害防止特殊ボールペンによる医学書院「医学大事典」の執筆-

|

« blog紹介 | トップページ | 助産師さんは充足? »

コメント

いなか小児科医先生
ご紹介有難うございました。
今回は読み物としてブログを書いてみました。主に留置所のことですが、拘置所やそこに移管する護送車の中でもなかなか体験できないことを経験しましたので、また書こうと思います。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2006年9月 1日 (金) 13時27分

こんばんは
紫色の顔の友達を助けたい さま

コメントありがとうございました。

経験のない領域であるだけに、非常の興味深く拝見させていただきました。これからも、頑張ってください。

投稿: befu | 2006年9月 1日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/11708296

この記事へのトラックバック一覧です: blog紹介その2:

« blog紹介 | トップページ | 助産師さんは充足? »