« 医師不足の記事 | トップページ | 医師不足の記事2 »

2006年5月29日 (月)

頭部打撲

2006年5月29日 晴れ
今日は、夕方に頭を打撲した後、耳から出血している。との患者さんがこられ、結局、後方病院に搬送しました。

3mほどの高さの遊具より転落し、どこかで頭部などを打撲した様です。左耳より出血があり救急車にて搬入されました。搬入された時には、意識は清明でお話もできましたが頭部CTを撮るうちに眠り込んでしまいました。CT上は、明らかな頭蓋内出血(注1)はありませんし、頭蓋底(注2)の骨折の所見もありません。

恐らく、『特にマズい状態ではないだろう』と思いながらも、『うちには脳外がないし、緊急時の対策がおくれるかも?』と考えて、後方病院へ同乗のうえ搬送しました。ついたころには、目が覚めてお話ができるようになっていましたが...

少し、疲れました....

(注1)頭蓋内出血:頭蓋骨の中の脳が入っている空間に出血が起こる事。閉鎖された空間であるため、大きな出血だと、中の圧力が上昇し、脳に行く血流が途絶え生命の危機を含む、重篤な状態となる。
(注2)頭蓋底:頭蓋骨のなかで脳を支えている骨の集まった部分。

|

« 医師不足の記事 | トップページ | 医師不足の記事2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/10299244

この記事へのトラックバック一覧です: 頭部打撲:

« 医師不足の記事 | トップページ | 医師不足の記事2 »