« アメリカでの医療訴訟 | トップページ | 産科婦人科学会の見解 »

2006年5月16日 (火)

麻疹の流行

2006年5月16日 雨

しばらく、流行していなかった『麻疹』が関東で流行中のようです。

記事では

『同センターなどによると、茨城県牛久市の小学校と取手市の私立中・高校など、同県内の計11の学校や保育所などで4月以降、今月15日までに、疑い例も含めて計83人の患者が出た。私立校には東京都や千葉・埼玉県からも生徒が通い、こちらにも流行が広がる可能性がある。千葉県鎌ケ谷市の高校でも4月から今月15日までに21人が発症した。』とのことで、免疫をもっていない方には発症する危険があります。

麻疹は麻疹ウィルスによるヒトからヒトの感染症で、感染様式は空気感染(注1)で広く感染が拡大する傾向があります。麻疹(はしか)の説明ですが...

1.非常にタチの悪い感染症で、免疫力をボロボロに低下させるので、10人に1人ぐらいは肺炎や中耳炎を合併する。

2.1000人に1人は脳炎を発症する可能性があり、その場合は生命にかかわるようなこともありうる。

3.特効薬はなく、支持療法が基本的である。また、昔は『はしかは冷やすな』といわれたが、今は熱が上がれば冷やしている。

4.感染力は非常に強く、接触したヒトに免疫がなければ95%程度は発症すると思われる。1回罹患すれば生涯再びかかることのない、終生免疫とされている。

5.亜急性硬化性全脳炎といって、はしかに罹った後数年から10年程度して発症する予後不良の脳炎があり、かかったヒト数十万人に1人程度、出現する。

以上、タチの悪い感染症です。罹患歴、予防接種歴のない方は注意が必要です。(特に医療関係者のかたは注意が必要です。)

(注1)空気感染:患者さんから出されるウイルスが粒径5μm以下であり、空気中を長時間浮遊して感染させる感染様式。患者さんの近くに居なくても、同室あるいは空気のつながりのある別室においても感染が成立する可能性がある。

|

« アメリカでの医療訴訟 | トップページ | 産科婦人科学会の見解 »

コメント

1児の母です。NSやってます。
お恥ずかしい事ながら、子供が2歳になろうとしているのに麻疹のワクチン打ってないんです。
「よし、今週こそ!」と思う時に限って風邪をひいたり、今年の4月から麻疹・風疹が混合ワクチンになり単独のワクチンが手に入りにくい為、「もういいや!混合になってから打とう!」と放置・・・。
保健所に行って、麻疹・風疹混合ワクチン専用の用紙をもらいに行かなければなりません・・・。
小児科のDrからも「今流行ってるから早く打った方がいいよ~。」と脅されています・・・。
ちなみに自分は抗体があるので昔かかったことがあるようです。
病院で調べられました。
小児科に入る事があるので調べられたのですが、内心調べてもらってラッキーと思いました。
医療者ながら、ここの情報を見て改めて麻疹の怖さを思い知りました。
なるべく早く打ちたいと思います。
先週熱が出たばかりなのですが・・・。
最近気温差が激しく蒸し暑い日が続いているので子供が体調を崩すのも仕方ありませんね・・・。
早くワクチン打ちたいのに~!

投稿: ERI | 2006年5月25日 (木) 23時04分

こんばんは
ERIさま

コメントありがとうございます。
Nsで通常の勤務をされながら、育児をこなすというのは大変ですね...おつかれさまです。
私は3人の「子持ち」の父ですが、仕事と家庭を両立するのはホント大変です。

<最近気温差が激しく蒸し暑い日が続いているので子供が体調を崩すのも仕方ありませんね・・・。
早くワクチン打ちたいのに~!

そうなんですよね、こういう問題があるんですよね...体調が良い時には、親の方が都合つかなかったりして...はやいうちに無事接種できるよう願っております。

投稿: befu | 2006年5月26日 (金) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/10099458

この記事へのトラックバック一覧です: 麻疹の流行:

« アメリカでの医療訴訟 | トップページ | 産科婦人科学会の見解 »