« 医療を裁くことの難しさ | トップページ | 医療の原点 »

2006年4月 3日 (月)

アデノウィルス感染症

2006年4月3日 晴れ ちょっと暑い

気候が良くなり、すこし暇になりましたが...
アデノウィルスによる咽頭扁桃炎や咽頭結膜熱が流行しています。高熱が持続し、扁桃に膿苔(膿み)が付着するので、化膿性扁桃炎(いわゆるバイ菌による扁桃炎)と診断され抗生剤を処方されるのですが、それでも高熱が持続しグッタリして来院されます。血液検査でも、炎症所見が著しく高くなっており、『内服の抗生剤でも効果ないならば入院して抗生剤静注しましょう』と入院になることもあります。

少し前より、結膜炎や咽頭炎の児の中に、アデノウィルス抗原を検査すると陽性となる児がいましたので、このような経過の児は、この感染症を念頭において対応するようにしています。

通常は、抗生剤を使用しても効果は余りみられず(ウィルスの感染症には通常抗生剤は効果がありません)、発熱が持続しますが、1週間以上持続するようなことは滅多になく、自然に解熱し、その他の症状も軽快していきます。

ただ、アデノウィルスは49種類の型があり、その中の7型と呼ばれるものは重症の肺炎を起こし、呼吸障害から不幸な転帰をとることもあります。10年ほど前に、全国的にこのアデノウィルス7型が流行した際に、このような重症肺炎の児をみたことがあります。

今回、流行中の株は肺炎は起こしておらず、自然に良くなっていっている事から7型ではなさそうですが、発熱が長く続く。全身倦怠感が強いなどは、注意して診療にあたる必要があります。

|

« 医療を裁くことの難しさ | トップページ | 医療の原点 »

コメント

初めまして。外科医をやっていたのですが、5年目に大学院に入ってからうつ病を発症し、6年目は休養を兼ねてということで、実家近くで週二日一般診療所でアルバイトをすることになりました。自分の病気は薬でなんとか頑張っていますが、まだまだ調子はよくありません。ちなみに小児外科の経験があり、そのときのバイト先なので、初めてではありません。ただ、風邪の子供が来るとすごくプレッシャーです。親は、呪文のように「抗生剤を出してください」ということが最近は多いですよね。なにか、質問することがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

投稿: あらいぐま | 2006年4月 4日 (火) 20時09分

こんばんは
あらいぐま先生

私で答えられる範囲でしたら、どうぞどうぞ。
こちらこそよろしくお願いします。

調子はまだまだとのことですが、無理にならないぐらいでいきましょうね。

投稿: befubefu | 2006年4月 4日 (火) 22時25分

はじめまして
1週間程前から 目の充血から始まり、瞼が開かないほどはれ上がり 眼球に針がささったような強い痛みがあります。2箇所の眼科で診察をうけたら アデノウィルス感染という診断で 目薬のみの処方で様子をみているのですが…痛みも腫れも一向によくなりません このままでいいのか すごく不安です よろしくお願いします 

投稿: 榎本 三恵 | 2006年4月26日 (水) 10時16分

こんにちは
榎本 三恵さま

痛みと腫れが続いているとのこと、辛いですね。私が、三恵さんの結膜の所見などを診ている訳ではありませんので確定的なことは申し上げられませんが、2ヶ所の眼科で同様に『アデノウィルス感染による流行性角結膜炎である』と診断されたのであれば、まず、診断には問題がないのではないかと思います。

記事の中でも申し上げましたが、アデノウィルスに対しては抗生剤はほとんど効果がありません。そのため、症状が遷延しやすく、私もかかったことがあるのですが、やはり1週間ほど症状が良くならないという状態でした。

ただ、結膜以外の合併症などないか、心配でしたらもう一度どちらかの眼科の先生にご相談してみるのも手であると考えます。

投稿: befu | 2006年4月26日 (水) 13時18分

失礼致します
はじめまして、谷と申します
現在1歳と11ヶ月の息子がアデノに犯されています。
発症は一昨日辺りから目の充血や目やにから始まり、本日は高熱と鼻水で、元気はあるのですが、グッタリもしている状況です。
現在妻が耳鼻咽喉科に受診に行ってますが、実際こういった症状時は小児科に行くべきか、耳鼻咽喉科に行くべきかよく迷いますが、どちらが適切なのでしょうか?
症状での判断で宜しいのでしょうか?
お忙しい中申し訳ありませんが、御返事宜しくお願い致します。

投稿: 谷 | 2008年5月12日 (月) 14時04分

こんばんは
谷さま

アデノウィルス感染症は高熱が持続し、全身状態も不良となりやすい感染症の一つです。通常は、長くても1週間程度の発熱で自然に治まることが多いのですが、抗生剤などは基本的に無効であり、治療に難渋する疾患でもあります。

さて、お子様の症状からいうと確かにアデノウィルス感染症のようですね...ただ、現在は迅速に診断できるアデノウィルス抗原を検出するキットができており、結膜あるいは咽頭からの拭い液で診断することができます。小児科医院であれば大抵のところでおいておりますので、確定前ならば診断をしていただきに小児科医院を受診されてはいかがでしょうか?

グッタリして、全身状態がやや不良ということであれば、点滴や採血などが必要になることもあります。その点でも、小児科医に受診するのが得策かと存じます。

投稿: いなか小児科医 | 2008年5月12日 (月) 23時25分

谷です

おはようございます
お忙しい中御返答ありがとうございます
こういった専門的な知識を先生自ら御返答して頂けるのは幸せな事です。
ありがとうございました^^

またちょくちょくお邪魔させて頂きますので宜しくお願い致します。

投稿: 谷 | 2008年5月13日 (火) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/9419383

この記事へのトラックバック一覧です: アデノウィルス感染症:

« 医療を裁くことの難しさ | トップページ | 医療の原点 »