« マスコミというフィルタ | トップページ | 発熱と解熱剤 »

2006年4月27日 (木)

産科の状況

2006年4月27日 雨のち晴れ
福島県立大野病院事件、無過失補償制度、そして、産科の現状を国会で議論されています。涙が出るようなお話です。


映像1
映像2

本当に、本当に産科医のみなさま、おつかれさまです。ただただ、状況が好転するのを祈るのみです。
この問題は、国家レベルの「喫緊」の問題です。この記事を御覧のみなさま、どうかこの問題に目をお向けください。

問題を勉強するには、このサイトをお開きください。

|

« マスコミというフィルタ | トップページ | 発熱と解熱剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101068/9793035

この記事へのトラックバック一覧です: 産科の状況:

» 衆議院厚生労働委員会 奥田美加先生発言 [ある産婦人科医のひとりごと]
その1:映像はこちら(WMPファイル)その2:映像はこちら(WMPファイル) 民 [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 22時31分

» 産婦人科・大学病院主任・指導医で 母であり [ファミリー メンタル クリニック]
国会中継 4月25日厚生労働委員会 参考人(何も悪いこともしてないけどいやなイメージの言葉ですよね)で奥田美加(参考人 横浜市立大学附属市民総合医療センター母子医療センター医師)と近藤克則(参考人 日本福祉大学社会福祉学部教授)の話を聴いた。 奥田先生の後半自分の子どもは小学校1年生だけど・・・の場面からは涙なしに聞くことは出来ない。淡々と語るその姿に・・・・... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 23時02分

« マスコミというフィルタ | トップページ | 発熱と解熱剤 »